ガラスのハート 

2006年07月16日(日) 20時01分
散らばったガラスの破片

大丈夫?怪我しなかった?
自分が傷つけば
今度は人を傷つける

私の心はガラスのよう

辛くなったら八つ当たり
自分が負った傷の分だけ
人に負わせようとする

ガラスはなんて傷つきやすいんだろう

本当に私はガラスのハート


***************
国語辞典開いたら
今度は「破片」だったので。
破片っていったら・・
ガラスってきて、
ガラスのハートだね!!!不

追憶 

2006年07月16日(日) 19時56分
あなたと過ごした日々
懐かしいな
追憶にふけってしまうよ

もう過去のことなのに
鮮明に覚えてる

昔は楽しかったなって
思い出すほど辛くなっていくのに
忘れないよ

今また新しい歴史を作っても
いつかまた思い出になってしまうんだね

寂しいけど
でも追憶にふけるというのも
楽しいかもしれないな


**************
うん、微妙。
実に微妙。
詩はかきたいけど
テーマがきまんなくて、
国語辞典をぱって開いて
一番最初に目に入った単語にしよう
ってやってみたら、「追憶」でした。
ふと思ったんだけど、
うち恋愛詩ってほとんど過去形だな・・
なんか切ないねぇ。
現在進行形もかいてみたいよ。

ゴールは同じ 

2006年07月12日(水) 20時53分
私はここから北に真っ直ぐ真っ直ぐ
ただ真っ直ぐ歩くから
あなたは南に歩いてください
あなたは東に
あなたは西にね

地球は丸いから
会えるはずだよね

このスタート地点の反対側で
出会えるはず

同じスピードで
同じ距離を
同じ時間歩いて
同じタイミングで出会えるはず

一人だけ走ったり
立ち止まったり
そんなことしない限りはね

人それぞれの道があるけど
でもたどり着く所は同じなんだよ

でもスピードは皆違う
早くゴールする人もいれば
ゴールに着けない人もいる

早くゴールに着いた人は
まだ歩いてる人を
不安にさせるけど
しっかり応援しなきゃだめだよ

だからまだ歩いてる人も
途中で諦めないで
最後までしっかり歩くんだ

同じタイミングでは会えないけど
ゴールは同じだから
必ずまた会えるよね


****************
えっと・・なんか伝えたいことが
よく表せませんでした。
言いたいことの半分も
言えてる気がしません。。
えっとー・・
人それぞれの道があって、
歩く速さは違うし
結局人って死んじゃうんだよね。
寿命だって違うし
寿命にたどり着く前に
死んじゃう人だっている。
っていう・・そういうことなんだけど・・
ノリで悟ってくださいw不

力学的エネルギー 

2006年07月12日(水) 20時31分
人は力学的エネルギーと一緒だね

何か良いことがあれば嫌なこともある

いつも足したら同じ数になる

そんな人生なんて

いつまで経ってもエネルギーは

大きくなれないよ

嬉しい思いをしている人の裏で

辛い思いをしている人がいる

いつでも力学的エネルギーの保存


****************
理科で習いました。

落し物 

2006年07月12日(水) 20時11分
「落とした」
   
  「え、何を?」

「…なんだろう…
  何か大事なものが足りない気がするの」

  「財布?携帯?」

「ううん、そんなものじゃないよ。」

  「…探しに行ってみる?」

「…だめだよ。探したって見つかるはずない」

  「そうなの?諦めるの?」

「…諦めたくはないけど、でも無理だよ。」

  「後悔しちゃうなら探そうよ。」

「でも…」

  「諦めなかったら見つかるかもしれないよ。
     諦めて一生見つからないよりマシだよ。」

「…そうだね。
   じゃあ探しに行こう。
      落として見失ってしまった自分の夢を」



***************
授業中・・ほんと暇っていうか
何しててもわかんない席だから、
なんか詩かきたくって
無理矢理かいたものです。
だから微妙な出来・・
こんなのもありかな、と、ね。不
  

 

2006年07月07日(金) 22時35分
ふと見えた青い空が
すごく広かった
地球の反対側に居る人も
きっと同じ青を見てるんだよね

都会に建つ高いビルの屋上にのぼるより
田舎に育った立派な木にのぼろうよ
その方が ずっと ずっと
空に近いはず

この大きな空に手を伸ばせば
自分の小ささに気付かされるけど
小さくていいんだ
夢は大きく持てるから
心はいつも空より広いから



****************
最近よく授業中に詩かいてます。
よく言葉が浮かぶんですよね。
これも授業中ですね、確か。
しかも最近こういう系多くない?
ほんとロマンチックなんですよ今★

 

2006年07月07日(金) 22時29分
私の恋を何かにたとえるとしたら
星っていうのかな
なんていうか
届かない恋ばかりだから?
どうやっても近づけないけど
でもずっと見ていたい みたいな
そんな感じ
星の数なんて数え切れないけど
私は一番輝いてる星が好き
星の数ほど人はいるんだろうけど
輝いて見えるのは一人だけだよ
眠ってる時間がすごくもったいないよ
目を醒ましたらもういないんだもん
一生届かない恋ですが
寝る間を惜しむくらい見ていても・・
いいですか?


*********************
小学校の頃の、星の観察の
宿題が好きでした。
白鳥座ばかり見ていた
記憶があります。
なんかしらないけど
星って見ていたくなるよね。
届かない恋だと分かっていても
つい目で追ってしまうみたいに・・

なんかすごい今ロマンチックな気分★笑

運命かもね 

2006年07月07日(金) 22時29分
二人が出会ったのが
 もし運命だとするならば
運命はなぜ二人を選んだんだろう

この出会いに意味などないのなら
 なぜ二人は出会ったんだろう

たくさんの恋をしてきて今がある
それも運命?
それまでの恋があったから今があるの?
そしてこの恋はまた次のための試練?
神様のすることはよく分からなくて
不安になることがよくあるんだ
あなたと出会えたこと
それが偶然だとしたら
あなたのこと
こんなに好きになれたはずがないよ
世界にはたくさんの人がいるのに
一人と一人が同じ気持ちになれるって
そんなすごい偶然はないよ
私達は運命なんだね



*******************
運命とか偶然とかって
前にも言ってたけどほんとよくわかんないです。
今の彼が運命の人なら、
今出会えてることは運命なんでしょうか?
いや、この疑問の方が訳わかんないよ、って?
そうですね。不

 

2006年07月07日(金) 22時28分
いつまでも枯れない花のような笑顔に
元気を与えよう
僕の全部があなたの為になれるのなら
全てを捧げよう

長い髪を流れる雫がまるで
あなたを悲しませているような気がして
一粒一粒 優しく明るく
受け止めてあげたいのに
僕は太陽になりたい

小さな花がまた一つ笑った
そんな果てのない命の繰り返し…

いつの日も枯れない花のような笑顔を
忘れはしないから
僕の全部があなたの為になれるのなら
全てを捧げよう

長い冬を震えながら堪えて
あなたは生まれ変わったように強くなる
毎日毎日 優しく明るく
照らしてあげたいのに
僕は太陽になれない

小さな花がまた一つ笑った
そんな果てのない命の繰り返しに巡り逢えるのは…
いつもあなたに元気を与えてくれる

いつの日も枯れない花のような笑顔を
忘れはしないから
僕の全部があなたの為になれるのなら
全てを捧げよう

太陽になりたいよ



*******************
詩っていうか作詞がしたかったんです
目指してはみたものの
相変わらず意味が分かんない

すごく好き 

2006年07月07日(金) 22時27分
考えれば考えるほど
重なって 重くなって
深くなっていく想い

掻き回して探しても
見つからない笑顔

悲しい顔ばかり見せないで

離れていれば
忘れられるかなんて
どこにも保証はない

気にしてない振りしても
目で追ってしまうのは
止められない

いつだって見守っていたい

そう言われてみたい

******************
詩かくのかなり久しぶりなんですけど!!
男性詩と見せかけて
実は女性詩でした。
書いてて
終わりがないなーって
思って、
浮かんだオチがこれです。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eternity_4yo8
読者になる
Yapme!一覧
読者になる