2006年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eternal-ruins
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
製作日未明 / 2006年01月09日(月)
失ってしまったたくさんのキラメキを それを過去と呼ぶなら 未来はもっと輝くはずさ We are shining for you,and you are shining,too. 今輝くこと 忘れないで

離れてしまったいくつもの愛しさを きっとまた手に入れよう 君へと続く虹を渡り  明日への光 掴み取るよ

隠れてしまった月もまた昇るから 眩しい日の光に 目を閉じ泣きださないように  太陽もほら 微笑むから
 
   
Posted at 15:34/ この記事のURL
コメント(0)
製作日未明 / 2006年01月09日(月)
小鳥、小鳥、
ことりが飛ぶあの空へ
いつかは溶けゆく
小鳥、小鳥、高く飛べよ
いつの日か 辿り着く
あの場所へと
 
   
Posted at 15:33/ この記事のURL
コメント(0)
2005.9.1 / 2006年01月09日(月)
強さが必要なとき 大切なものを守るとき
例えば それは心だったりあなただったりする

勘違いされがちなこと 力を持つ者が偉いと
正しく使わなければ 強さになりえないこと

涙を見せない人が 強く見えるわけじゃないと
泣きたいなら泣けばいいよ ずっと傍にいてあげるから
 
   
Posted at 15:32/ この記事のURL
コメント(0)
2005.8.19 / 2006年01月09日(月)
僕らが見てきた全てを知らない
旅路は未だ終わらない
空の青を少しだけ切り取って
海に流そう
 
   
Posted at 15:31/ この記事のURL
コメント(0)
2005.7.17 / 2006年01月09日(月)
過ぎ去った日を
アルバムに閉じ
ひとつの涙で飾った
いつの日か見た
あの空の色は
二度と見つかりはしない
想いはいずこ
消え去る先を
見つめていつか見失う
流れる雲の
白さのような
空虚な空間 心に
 
   
Posted at 14:03/ この記事のURL
コメント(0)
製作日未明 / 2006年01月09日(月)
例えば君がいなくなったら
この鮮やかな世界から色が消える
白と黒と灰色だけの街

時間はゆっくり流れて
灰色の街を動かすだろう
夢の中でだけぼくは君のいる色鮮やかな世界で暮らしている

わたしは ずっと ここにいるよ と
君はぼくを見て微笑んだ

ぼくは君の全てでありたい
君がぼくの全てであるように
きらめく星空の真下で
真剣にそう思ったよ

これからもずっと君のそばに
それ以上は何も望まないから
たったひとつの願いごと
どうか 叶えてください

例えば君が笑顔で振りかえると
その瞬間 時が止まればいいと思う
笑顔をずっと見ていたいから

君と過ごした春と夏と秋と冬の
想い出たちは
今も変わらずにぼくの胸の中
色鮮やかな世界で暮らしている

永遠を 君は 信じている? と
ぼくを見て君が訊いたこと

木々が美しい花を咲かせ
やがて葉は鮮やかなみどり
紅や黄色に色づいて
そして枯れて散ってゆく

これからもずっと愛してるから
時には傷つけあったけれど
この世界に存在する意味
いっしょに探していこうよ

これからもずっと君のそばに
それ以上は何も望まないから
たったひとつの願いごと
どうか 叶えてください

木々が花を咲かせ 鮮やかなみどり
色づいてそして散ってゆくこの世界に
存在する意味
ふたりで探していこうよ
 
   
Posted at 14:02/ この記事のURL
コメント(0)
製作日未明 / 2006年01月06日(金)
濡れた石畳の上を 足音が街に響く
月のしずくがこぼれて 手の中でそっと息づいた
街は蒼く沈み 高く遠く空はそびえて 手も届かない

飛んでゆこう あそこにきっと何かがある
そう 君にもきっと出逢えるよ
翼広げはばたいてゆこう 空はすぐそこだよ


軽く笛を吹き鳴らせば 鳥たちが優しく舞う
わたしに翼をください 純白の光満ちる
君と街を駆けて 飛び立つ準備をしよう きらめく空へ

飛んでゆこう あそこに輝く星求めて
君と 高く高く高く...
そう つないだ手を離さないで 空をつかみにゆこう
 
   
Posted at 02:16/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.