神山 智洋 

February 27 [Wed], 2008, 18:37
神ちぁん好きよ☆

ごめんなさい!! 

February 16 [Sat], 2008, 12:15
 掲載日時ぜんぜん破ってしまいました!!!
最近忙しくて、まったくできません!
いつになるか分からないので、この書庫は改名し、一時的に別の書庫として使います。

嵐ともに生きる   

February 11 [Mon], 2008, 9:13
聖書参照箇所ルカ8:22〜25
ある時、イエス様と弟子達の乗っていた舟がガリラヤ湖で向こう岸に向かう途中で嵐にあいました。
イエス様は、舟の中で眠って休まれていました。

漁師としてベテランのヤコブ、ヨハネも居たはずです。
そんな漁師ベテランの彼等が慌てる程の嵐。どんな嵐だったのでしょう…。
さぞかし凄い嵐だったのだと思います。

だって「先生、先生、わたしたちは死にそうです。」って書いてありますから。
舟が、ひっくり返りそうな程の嵐。
〔(イエス様も入れて)わたし達は〕死にそうです…普通ならそう考えます。人だから当たり前です。
もし、
〔(イエス様以外の)わたし達は〕死にそうです…だったら…
死なないイエス様と一緒なら大丈夫だと安心出来た筈ですから。

イエス様は、あなたがたの信仰はどこにあるのか。と、お叱りになっておられますけれど、信仰を持つと言う事は、神様を信じている自分を信じる事です。
それは、穏やかに、冷静に、どのような物事にも向かうようにするという事です。

慌てふためくと、捜している犬の尻尾が軒下から目の前にぶら下がってても見えない、気付けない。って事になってしまいます。

イエス様はどうされていたでしょう?安心しきって眠っておられましたね。
人生の嵐に死にそうだと慌てふためくよりも神様がともにいらっしゃるから大丈夫だと信頼を持っていたなら、慌てふためく事なく、穏やかに、冷静に、物事を見極めながら、どんな状況であっても括路は見い出せる筈です。

イエス様は嵐がくる事はご存じだったかもしれません。
イエス様は、例え嵐が来ても、神様がともに居て下さっていると信じ信頼されていたから、安心して眠って休まれていたのだと思います。また、その気になれば、嵐も鎮めれる御方ですから、二重の安全装置付きです(苦笑)

イエス様は、ぐっすり休まれてる所を弟子達に叩き起こされるのですね。
本当に危なかったら、イエス様は休まれておらずに起きてこられたと思いますけれど。弟子達は、もう、イエス様が起きて来られるまで、ジッと待ってなんていられなかった。

弟子達は、死ぬって不安からイエス様を叩き起こしてしまっています。信仰はどこにあるのか?とお叱りになってはいるものの、不安の元、大風と荒波を叱りつけて嵐を鎮めて下さっています。

人生の嵐に死にそうだと慌てふためくよりも、神様がともにいらっしゃるから大丈夫だと信頼を持って、自分自身を信じて慌てふためく事なく、穏やかに、冷静に、物事を見極めながら、どんな状況でも落ち着いた対処が出来るように頑張ってみましょう。

神様を叩き起こさなくても、必要ならば、休まれておいででも起きてこられて、助けを与えて下さるでしょう。神様の時を嵐の中で忍耐して待つのも必要な事なのですね。

弟子達は、待てなかったけれど、神様の時を嵐の中で忍耐して待つのも必要ですから、必要ならば神様は必ず助けを与えて下さる御方です。

自然の中の大風も荒波も鎮めたイエス様です。
人生の大風や荒波も必要ならば鎮めて下さるでしょう。

神様の時を嵐の中で忍耐して待ってみましょう。
嵐を恐れる事はありません。
嵐を鎮めて下さる御方は貴方の側に居て下さっていますから。

貴方がいつも幸せでありますように…。


マリア        

左右脳を同時に使うのは無理? 

January 21 [Mon], 2008, 7:27
 企画や案を考える際、〓アイデアを出すステップと〓まとめるステップに
分けるのが良いということはよく言われます。
しかし、ついつい早くやってしまいたいという衝動に駆られ、
〓と〓のステップを同時にごっちゃになってしまうことがある。
(始めは順序に従ってやろうとしてるんですが、途中でいつの間にか
まとめてしまっていたり)

 ある玩具メーカーの方が企画を練る様子が紹介されているのを
見ましたが、やはり〓と〓の順序をきちっと守って(おそらく自然に)
案を具体化していく流れでした。
その紹介に対して脳科学者(?)の茂木さんがこんなことをおっしゃてました。

・アイデアを出すために右脳を使う
・まとめる作業をするために左脳を使う。
・同時にやるのは難しい

なるほど。と。
いくら右脳左脳をバランスよく使いなさいと言っても同時に
使うのは難しいですよね。
アイデアを出す→まとめる。
この流れは自然とおこなえるように習慣づけたい。

かみさん不在には・・・ 

January 14 [Mon], 2008, 3:17
我が家のかみさん ナースなんです。

ナースってホンマ大変… って本人も身内も!

昨夜もいつものように夜勤当直(16時〜翌日9時)

昨日はおいらが子供のサッカー3試合に付き添って

帰宅後 夕飯の支度

好評おやじ料理の開始

オリジナル回鍋肉・しょうが焼き・ホウレン草お浸し完成

ボウズ・娘もいつもよりガッツリ食べて

今朝は娘の部活で6:30起床

昨日とっておいたホウレン草と朝の定番2品作って送り出す。

溜まった洗濯2杯終わらせて ようやくFree Time♪

裕くん 

December 30 [Sun], 2007, 1:48
カッコイイやろ♪
裕くんラブやしなぁ↑↑
皆どんな人が好き??
ぅちゎねぇ〜聞く??聞きたい??ぅ〜んどうしようかなァ←ゥザイ
ぅちゎスポーツできて陰のある人が好きなんだ(dД`)*゜
皆ゎ??

マツリのあと。 

December 19 [Wed], 2007, 5:13
そういえば、吉田拓郎氏の歌で「祭りのあと」というのがありましたっけ。

「♪祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら・・♪」 でしたっけ。

拓さんといえば、あとは「落陽」とか「唇をかみしめて」とか大好きでした。




さて 米米のお話しです。

米米の話なんですが、、、

風邪を引いてしまったせいか、えっらいテンションが低いです。

アンド、、 上記のとおりの「祭りのあと」の歌詞の通りの状況でして。

わたしの楽しみにしていたいちばんの良いお席だった代々木が終わってしまって、

なんだかすっかりマツリが終了してしまって、「マツリのあと」の気分でございます。

はぁ・・・

つぎは何時 石井さんに逢えるのだろう。
(ちなみに横浜は「逢う」という距離じゃなくまさしく「見る」という距離です。)

昨日の「代々木マツリ」のお話しは、また も少しテンションが戻ってきて

まだカキコしても良い感じでしたら、記事にします。

たぶん大した記事にはならないと思いますので、レポを希望の方にはそぐわないと思います^^;





今回の代々木二日目で、もしかしたらライブよりも楽しみしていたこと、、。

ポリンキーさん だぱんださん 

そして当日お見掛けをしてお仲間に引き込んでしまった小動物さん。

昨日は 楽しかったぁ〜〜〜  ほんとにありがとうございましたm(_ _)m

なんだかひとり しゃべっていたような・・・(笑)すみませんでした^^;

なんか自分で あらこんなにお喋りだったっけ、私・・? 

って思ってしまうくらい話していた感が残っています^^;

そしてひとつ後悔が・・・

なぜに帰りもどこかで落ち合って一緒に帰らなかったのかな・・っとね。

やっぱりライブの後のほうが、あれでもないこれでもない、、って

その日のライブのお話しをしたいもんでございましょう。

ちょっとひとりの帰り道が ウズウズ・・の帰り道でございました(笑)

この次の時には是非とも帰りもお話しいたしましょう(お嫌でなければですが・・)





そして、なんともものすんごく懐かしい方にも思いも掛けないところでお会いいたしました。

2000年の「ドラガジア」のときに【愛人★妻の会】を一緒に作って

このコンサートの時に、一緒に「紙花」を国際フォーラムの会場で配ったお仲間。

この当時はライブの前とか後とかよくオフ会をやって盛り上がっておりましたね〜(懐・・)

でも 残念なことに2003年のある出来事をきっかけに

石井さんに共感を持つことができなくなってしまいファンを辞めてしまいました。

その後 たしか一回だけお友達の余ったチケを貰ったとかで

石井さんのZEPPでの何かのライブの時に

顔を合わせたと思うのだけど、、 なんのライブだったっけ・・?

そんな彼女と昨日 帰りの京急品川のホームでばったり出会いました。
(彼女はいつもは横須賀線だったはず。)

やっぱりお友達からチケをいただいたそうで米米ライブに参加していたとか。

もうほんとに何年振りかで、短い時間ではありましたけど

まともにお話しをいたしました。

お互い あの頃よりは歳を取りましたが(笑)

お元気そうで良かったです♪♪

まぁこれに関しては彼女にしてみたら

どちらかというと私のほうに言えることなのかもしれないですけどね^^;

なにせ、我が家は母子家庭なものですから・・・(汗)


きみっち〜〜〜!!! 

このブログに辿り着けたかなぁ〜〜〜?

またゆっくり会えると良いねぇ〜〜〜!!                                                                                                                                                                                                                                                                        

デッキ考案中・・・ 

December 14 [Fri], 2007, 0:28
サブでも、ガチでもない「微妙に弱いデッキ」を考案中ですw

微妙に弱い・・・

というとバランスが取れなくなってくる。ブッちぎりの厨カード+ポンコツダメカードで
釣り合いを取るか?全武将が能力高いけど、計略が微妙とか?その逆もあるけど。

書いてて思ったのだが、それって・・・

女子単??

うーん・・・でも、使う人が使うとなんかわからんけど負ける、
押し込んでるつもりがなんだかカウンターくらってばかり。
しかし基本低武力・士気依存・弓兵多め・・・

オレ流女子単でもこしらえてみるか。たぶん今日は大戦行かないし。脳内ゲーで。
思いついたら続報にて。

後藤真希の弟の喧嘩三昧の日々 

December 10 [Mon], 2007, 23:06
元EE JUMPの'''ユウキこと後藤祐樹が逮捕'''されたが、そのワルぶりは近所でも
有名だったようだ。



後藤祐樹容疑者は元モーニング娘の'''後藤真希の弟'''で、ソニンとともにEE JUMPとして活躍。
しかし度重なる「仕事場からの逃走」や15歳当時の喫煙写真の流出などで芸能界から
姿を消していた。



ユウキは今回工事現場から100万円相当の銅線を盗んだ容疑で逮捕されたが、
芸能界を引退してからの'''後藤祐樹の生活'''は荒れ放題だったという。



芸能界に入るまでの後藤祐樹は礼儀正しく、素直でいい子だったという。
しかし芸能界を辞めてからというもの、目つきは鋭く行動も荒れていく一方。
芸能界時代に出合ったガラの悪い連中と常につるんでいたと言う。



'''後藤祐樹'''は自らがリーダーとなって窃盗団を結成。
犯行の度に直接メンバーを選び、4人一組で窃盗を繰り返していたようだ。
窃盗団のメンバーはユウキ自らがスカウト。
近所で悪ガキを見つけては仲間に入るよう説得する姿が度々目撃されている。



またユウキは窃盗団のメンバーにハクを見せ付けるために通りすがりの人とちょっと
目が合っただけでも因縁をふっかけては喧嘩三昧。
小柄のユウキは返り討ちに遭うことが多かったそうだが、それでも変わらずに
喧嘩を売りまくる姿は逆にメンバーから恐れられていたと言う。



'''後藤祐樹の背後'''には盗んだ金属を密輸する大掛かりな組織があるようだ。
アイドルの栄光から一転、犯罪に手を染めてしまった後藤祐樹。
一番可愛そうなのは「ゴマキの弟」と報道されてしまう'''後藤真希'''か・・・。

スクーリング 

December 05 [Wed], 2007, 16:58
雨の一日、小雨がつづく。


冬季スクーリングの申込が始まった。

2つの申込があるので迷ってたけど

12月の23・24日と1月13日で一つの講義の

日程を選びました。

最初のスクーリングです。

今回はスポーツの講義なので体育の授業のようで

結構気楽に参加できそうなのですが

考えが甘いかも・・・


2日の日には入学式なので下見がてら、学校の散策もしたいし

京都の街並も味わって来ようと思います。

佛教大学、わが母校になるんだな。

待ち遠しいな(^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etenng1595
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 神山 智洋 (2008年10月17日)
アイコン画像めーたん
» 神山 智洋 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 神山 智洋 (2008年10月07日)
アイコン画像チャーリー
» 神山 智洋 (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 神山 智洋 (2008年10月02日)
アイコン画像ゆりり
» 神山 智洋 (2008年09月27日)
アイコン画像ハム太郎
» 神山 智洋 (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» 神山 智洋 (2008年09月19日)
アイコン画像火星の後継者
» 神山 智洋 (2008年09月16日)
アイコン画像やっくん
» 神山 智洋 (2008年04月05日)
Yapme!一覧
読者になる