鶴ちゃんの王様

August 17 [Wed], 2016, 6:37
一口に介護士の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、その技能を一番発揮できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。


ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。



大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、このところ次第に介護的な処置を必要とする人々が増えてます。ということは、介護士に関してももっと多くの人手が必要とされているのですが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、介護士にとっては、転職がやりやすいといった利点を挙げることができます。


勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。
どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。



なお他業種同様、8時間勤務が基本です。



改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、二つの間には大きな違いがあります。


明らかな違いといえば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防指導を行ったり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。
他方、介護士の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。病気になって気落ちしていると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。



でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。
覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、実は常に緊張状態という事もあるのです。



なので、結果的に心を病んでしまうような介護士も珍しくないのです。



中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。介護士としての働き方はいろいろあります。

正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。

具体的な金額としては日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート介護士の時給としての相場です。

時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、専門職である人命に関わる介護士であり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、あまり良い時給ではないのかもしれません。初めて介護士の就職先を探してみても上手くいかないという人は、年齢が原因になっている可能性があります。


実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、事情によっては介護施設側が独自に何歳以下だけを採用すると設定しているケースがあるのです。中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は相当な努力が必要になると思います。

大方の場合、大変だと思われる介護士ですが、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。
介護施設勤務で、二交代制だった場合、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。



労働時間が長いということも介護士として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、部署が違えば、介護士として必要になる技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修は、介護士にとって他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、視野を広げて、知識を深められるでしょう。



介護士としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人介護士の前向きな気持ちも上げられると言われています。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。


働いた分の休みはちゃんとありますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。

例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。一般的に異性から好かれる要素の多い介護士でも、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。

結婚が遅くなる人に多い理由は、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、地位を上げるために結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。介護士という仕事に就いている方の中では、働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、介護士の資格を持っているということは意外とその他の仕事でも役立てられることがよくあるといいます。具体例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。
介護士資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、なんといっても働いていない期間が長くあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。


理由として、介護士が専門職だからということと看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きな原因といえます。

転職先も雇用形態も特に希望しなければ時と場合によりたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。将来、介護士として働くための教育を受けられる機関として皆さんご存知のように、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。
そして、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。介護施設の統廃合続きにより、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も行い、介護士の大半はものすごい激務に追われているのです。
男性介護士も増えてきてはいますが、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、ストレスにやられてしまったり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも深刻な現状を表しているといえます。介護士として働く人は女性がかなりの割合を占めている職業なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。


その他にも、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。転職の際には、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。

それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望の理由の書き方です。
具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、成長に繋がるといったことや、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。


このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。


しかし、内実は夜勤の分の手当てによって総額が上がっている場合が多いです。ですので、ナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。この夜勤があるかどうかによってかなり手取りが左右されます。一般的に、介護士という職業は比較的高給のイメージがあります。



現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な仕事ですが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが目立ちます。安定性といえば、介護士という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。
高収入で安定した職業という意味においては介護士はメリットの多い職業だと言えます。介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。


転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。



でないと、職場を変えるのは難しくなるでしょう。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。


よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。なので、しんどさを覚える場面も多いはずです。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの介護士は、体内時計を狂わせてしまって、そのうちに体調を崩すこともあるのです。昼夜にわたる、大変な仕事によって当然のように疲れを蓄積していき、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、身体に無理をさせているのかも、と自覚したりします。

子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、家庭の都合から、企業に就職してしばらくOLとして会社に勤めていました。
ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。

転職して、無資格で介護関係の仕事に就くという選択肢もあるのですが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。
介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。介護施設は24時間休みなく動いていますから、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。
そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。



こういった勤務形態ですから、睡眠時間をうまく調整できない場合は充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。

例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なからずあることと思います。仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。



ですが、それだけではなく、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることももちろんあります。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりといろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。



介護士の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。


普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして残業しなければならなくなることが多いです。
それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐに笑顔になれるので、時々、介護士は女優みたいだなと思うことがあります。


こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている介護士はそこそこいます。



働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。

今、働いている仕事場では給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。


検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。
一般的に、注射が好きな人は少数派でしょうが、注射の必要があるのならば、出来るだけ痛くないようにしてもらいたいのが人情でしょう。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。

介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、介護施設まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。
それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、介護士になって良かった、と実感します。

よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、やりがいを覚えなくなったら、介護士を辞めることを考えるだろうと思います。看護のスペシャリスト、介護士になろうとする場合、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ふつうに授業を受けていたなら、そう難度の高いものではないということです。


さて、介護士を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。介護士として、毎日激務をこなしているうちに、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。



ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etehsitspanxtl/index1_0.rdf