キンバトでサキンヌ

February 14 [Sun], 2016, 22:09
病院では普通、看護師が注射や採血を行います。一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、ベテラン看護師にお願いしたいですよね。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。看護師の資格のある人は法律では、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。ですが、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、場数を踏んでいる看護師であれば、若干の医療的行為は認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。不安や悩みを抱えている患者から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。そのため、うつ病を患う看護師も意外と多いのです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防のためのアドバイス、薬を処方することが仕事とされています。対する看護師の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が行う診療の補助を行い、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。どのくらいの額かといいますとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。これを単純にパートの時給とみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、かなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、思ったことは、一般に看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。看護師の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを納得しておくと良いかもしれません。24時間交代の勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間はシフト勤務は避けて通れないと思います。妻の話ですが、子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに困った事を覚えています。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。なお、看護師という職についていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、そのうち、自身の身体や健康のことなども状態を自覚したりできるようになります。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、看護師も同様でしょう。町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。こういった事を考えても、看護師として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。転職の際には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。注意すべきこと、それは特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。また、特に患者さんのご家族から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、退職したいと考えてしまうはずです。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った看護師もいました。夜勤のない職場に移ったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、油断は禁物です。それからまた、薬の取り扱いについても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、この何年か特に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ですから当然、医療機関で働く看護師ももっと多くの人手が必要とされているのですが、実際には、人手不足が深刻です。けれども、それほど人手が足りない状況だと、求人募集がとても多いということでもあり、転職先に困ることはない、という良い面もあるのです。同じ病院に長く勤務していると昇進します。婦長といえば分かりやすい役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が珍しくありませんので、正看護師も役職的には上の立場に立っているという訳です。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、比較的離職率が高い職業です。その他にも、働く時間帯がイレギュラーであることや、労働環境の大変さによって離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。出産し、子育てを始めるとなると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合は夜勤業務などは、できなくなってしまいます。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより職場に戻ってきたりする人も少しずつ増え始めています。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうために現場でよく使われています。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残って今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児中であってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。このイベントに参加する看護師の方は少なくありません。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、どうにも男性に出会うことが難しく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。ただし、もし、恋人同士になれたとしても、仕事が規則的でないということが原因で、結果として、破局、ということもままあるようです。初めて看護師として働こうと思っても、就職先がなかなか見つからないという方は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。求人において年齢についての制限を載せていない場合も、実際には病院側が採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、相当な努力が必要になると思います。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておく事が必須になります。中でも、女性の看護師は色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。素顔の時ともまた違っているので、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。たとえばより高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、どこで働くか考える時、日勤のみではなくてできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。一般的なほかの職業とは違って、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。ですが、本業で勤めている病院で副業を禁止、としていることもあります。また、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。看護師資格の最大の利点は、結局のところ、たとえブランクがあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と人手不足であるということが少なからず関係しています。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それに加えて外来勤務においては、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気のある診療科や医師のいるところではたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、考慮され、それを活かせるポジションにつくことができるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですが漢字で書いてみるとどちらかで書き表されます。過去には「看護士」が男性、看護婦は女性と明確に分けられていました。2001年の法律改正を機に、性別に無関係に使用できる「看護師」としてひとくくりにされることになったのです。一般的に、看護師の中には喫煙者があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。病気の患者と接する職業上、煙や臭いをつけないよう、自主的に禁煙している人が少なくない様子が想像できますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kazuma
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ete0svmen0anee/index1_0.rdf