出光のETCカードってどうよ?? 

June 12 [Tue], 2007, 13:47

ETCカードは、高速道路の料金所でETCカードを見せるだけでも利用できますが、ETC専用の機械を車に装着することで、よりETCカードが活用されます。ETCの機械を装着していると、高速道路の料金所で都度料金を支払う手間が省け、並ばずスムーズに通過する事ができます。

最近のETCカードはクレジットカードと一緒になった「一体型ETCカード」なども普及をはじめ、ショッピングポイントやガソリン代割引、海外保険などの付加価値も充実してきました。色々な機能がETCカードに追加されればされるほど、ETCを導入する壁が低くなるので、ETCの普及にはもってこいではないでしょうか。

高速道路で一番の問題は、有料道路の料金所での料金支払いの際、渋滞を引き起こすという事です。渋滞を緩和させるには道路を増やすだけでは決定的な解決策にはならないのです。ETCカードを導入する事で、かなり有料道路の料金所での渋滞が緩和されてきたのです。

高速道路の赤字を解消していくには、まずは節約できるところからしていかなければなりません。一番先に挙げられるのは人件費の削減です。そして、高速道路のサービスをETCカードを利用する事で充実させ、ETCカードの利用状態を快適にすれば、有料道路でも頻繁に利用する人が増えるのではないかというのが狙いでもあるのです。



ETCシステムを利用するには、まずはETC車載器を購入し、それからETCカードの申し込みをする必要があります。このETCカードの申し込みが抜けてしまうと、いくらETC車載器があってもETCシステムを利用する事が出来ないので、必ずETCカードの申し込みは済ませておきましょう!

ETCカードの申込みに、一体どのくらいの費用がかかるのか気になるところですが、最近はETCの普及が増えたこともあって、入会金や年会費が無料なところが圧倒的に増えてきています。ETC車載機も通常1〜2万円程で入手することができ、セットアップの料金も3千円ほどでできます。

ETCカードの申し込みをして、自分の手元にETCカードが来ると嬉しくなり、高速道路の料金所を通過する際に、ETCカードを使っていると本来減速して通過しなくてはいけないところを減速しなかったために、追突事故や料金所の人を引いてしまったりなどETCが原因の事故につながるケースもあるのです。

ETCカードの申込みが進むにつれ、ETCシステムがどんどん一般化されてきました。いづれETCシステムを搭載していない車やバイクが、ほとんど無くなる日がやってくるかも知れません。市販の車もETCやETCカードに申込む必要もなく標準装備になるかも知れませんね!



これからETCカードの申し込みを考えている人は、いろいろと比較検討をして一番お得なETCカードを作りたいと思うのではないでしょうか。クレジットカードと一体化しているETCカードはたくさんの種類があるので、楽天のETCカードをはじめライフスタイルにあったETCカードを選ぶ事をおすすめします。

ETCカードで首都高カードを利用すると、首都高の利用金額に応じてマイルがたまって、深夜や早朝の割引がすごく大きいのです。また、通勤や仕事で利用する場合には30%もの通勤割引きなどがあるのです。比較をしてみて用途によってはかなりお得ではないでしょうか。

ETCカードを作る際に、年会費がかかっている事を忘れ、何枚ものカードを作ってしまうことがあります。それはかけなくてもいいお金でもあり無駄なお金を使っていることになるので、ETCカードを作るときはサービス内容なども含め、きちんと比較検討することをおすすめします。

ETCカードを利用する事で高速道路で料金所の混雑が少しずつ緩和されてきています。それと同時にたくさんのクレジット会社でもETCカードの申し込みが可能となりました。利用する側は何を比較してクレジットとETCカードをつけるかというと、得をするサービスがあるところを選んでいるのです。


ユーザー車検のやってみよう! 

June 11 [Mon], 2007, 15:32

当サイトは、ユーザー車検に関する情報や、車検情報を掲載しています。
自動車ユーザーは、「安全」の為にいくつかの義務があります。自動車を購入してから廃車の手続きが済むまで色々な義務があるのです。車検はその1つです。

車検は車検でもユーザー車検は、ユーザーが自分で車検場に出向いて通す車検です。車好きの方ならユーザー車検は本当に良いと思います。
車検にしてもユーザー車検にしても、詳しく知っていて損は無いので、これからユーザー車検を含む車検の事を詳しくお話ししますのでしばらくお付き合い下さい。



車検はその自動車が社会に対して有害ではないかを判断する基準として行われます。従って、故障箇所を調べるものではありません。ナンバープレートのある自動車はもちろんのこと、250ccを越えるバイクも車検を受け、安全であるかどうか検査するように定められています。


車検にはいくつかの方法があります。一つ目は整備を兼ねて民間に車検を委託する「ディーラー車検」、二つ目は自分で整備して車検場に持ち込む「ユーザー車検」、三つ目は業者に代行してもらう「車検代行」です。中でも、最も多く利用されているのがディーラー車検です。


車検工場にディーラー車検を頼むとすべて整備員に任せておけばよいわけですが、ユーザー車検の場合、自分で車検場に出向くことになります。しかし難しいことはありません。検査コースはわかりやすく設定されているので順路に従って車を進めれば車検は完了するという仕組みになっています。


車検に合格すると前ガラスに貼る検査標章と自動車検査証が交付されます。これらはステッカーになっています。強力な粘着力で、一度貼ると貼りなおしが効きませんので気をつけましょう。また、有効期限満了日が記載されていますので次の検査の期日がわかるようになっています。



自動車・バイクの基礎知識を持っていると車検を自分で通すことが可能になります。ユーザー車検と呼ばれ、整備から車検の予約に至るまでをすべて自分で行う方法です。海外ではよく行われている方法だそうで、日本のように車検にお金がかかるというイメージは無いようです。


消耗品や部品の製品コストに加え、取り付け手数料、故障箇所の修理代それに車検代行料をチャージされるのが民間整備工場に委託する車検です。大抵の場合、車検に必要な整備以上の点検をしてくれるので費用がかさみます。その点、ユーザー車検の場合は必要最低限の費用で済むのです。


ユーザー車検では自分で検査コースを運転します。業者のための検査コースとユーザー車検コースを分けて設定しているところもあるようです。検査コースは合理的で無駄がないように組まれていますので、受付を済ませたら、指示に従い必要書類を持ってすみやかにコースに入ります。


ユーザー車検を受けて不合格だった場合は再検査を受けることになります。その場合、その日中に再度検査を受けるのであれば無料ということになっています。近くに整備をしてくれるところを見つけておくと便利でしょう。万が一に備え、午前中に予約を入れておいたほうが無難かもしれません。


自動車保険のランキングのブログ 

June 10 [Sun], 2007, 0:12

当サイトは「自動車保険」について解説しているサイトです。
保険料の決め方は、走行距離や運転者の年齢、乗る人などなど細かな割り振りがあるので、自動車保険は慎重に選ばなければなりません。

上記の事から言えるのは、自動車保険は複雑なので自動車保険 ランキングのような比較サイトを使う方がいいと言えます。
まぁ〜自動車保険についてしっかり学んでおくには当サイトは適切ですので、存分に活用して下さい。



車を購入したら、自動車保険に加入する。自動車保険は、交通事故での被害者の救済と、加害者の金銭的負担の軽減を目的としている。自動車保険には、強制加入である「自賠責保険」と、任意加入の「自動車保険」がある。任意ということは、自賠責保険にだけ加入していればよいのだろうか。


自動車保険を取り扱っているのは、以前は損害保険会社だけであったが、自由化以降、損保会社のほかに、生命保険会社、さらに外資系も進出し、JA等の協同組合も取り扱うようになった。どこを選ぶかで参考になるものとして、S&P等の格付がある。会社の安定性などを客観的に判断したものだ。


また、「自賠責保険」が「物」を対象としていないことも忘れずにおきたい。事故というと、相手の車に傷をつけた、という場面を想像する人も多いであろう。それが高級車だったことを考えたら背筋が寒くなるが、物を補償する「自動車保険」に入っている必要があるのだ。


あらゆる事故に備えるにしても、自動車保険料は安いほうがいい。ドライバーの年齢を制限したり、複数の車を持つ場合は、同じ保険会社にして割引を受ける、1台目の保険等級によっては2台目の保険料は安くなるなどの方法があるので、自分のケースに合わせて賢く選びたいものだ。



大体自動車保険の基礎はお話ししきったと思います。
本当に自動車保険は人それぞれなので、しっかり比較して下さいね!
自動車保険のランキングサイトは検索エンジンで検索すれば一発で見つかります。
さてさて、それでは自動車保険のお話しはこれにて終了とさせて頂きます。


マイカーローンの手数料 

June 09 [Sat], 2007, 19:28

自動車やバイクを購入する際、その購入資金はどうしますか?貯金を貯める、親から借りるなどありますが、そのひとつにオートローンがあります。

自動車関連のローンを総称してオートローンと言います。

審査がありますが、金融機関によってオートローンの審査は厳しいところと、そうでないところの差があるようです。

ここまでは、オートローンについてOKですか?



マイカーローンで損をしないためにも基本的な知識を持つことが大切です。
マイカーローンには「ローン」と「クレジット」があります。
違いは「得なのがローン」で「楽なのがクレジット」。
前者は低金利ですが所有権等の手続きは自分で行わなければいけません。
反対に後者は高金利ですが代行してくれます。


0.5%の金利の違いがどのくらいの差になるか計算してみましょう。
とりあえずマイカーローンで100万円を36回払いで組んだとします。元利均等返済の場合、3.5%の金利であれば総返済額は1,054,875円です。
これが4.0%であれば1,062,863円となります。
また返済期間が短ければ総返済額は低くなります。


マイカーを購入する際には駐車場も必要になります。
月々のガソリン代のほかに、自動車保険、自動車税、自賠責保険、重量税なども支払う義務があります。
車検費用も必要になります。マイカーローンの返済以外にも
これらの支出があることを念頭においておく必要があります。

これであなたもマイカーローンの事は十分理解されたと思います。



マイカーローンについてはもう大丈夫ですよね??
マイカーローンの事が分れば、マイカーローンを借り入れする時も安心ですよね?
マイカーローンには銀行やJA意外にもフリーローンが活用できます!
マイカーローンを組む場合は、銀行やJAの他、カードローンの比較も忘れずに・・・それが賢く借り入れするコツです!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etckado
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる