笹田だけどシルバーアロワナ

March 28 [Mon], 2016, 13:31
昨今、介護施設が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら勤務先によっては、急患にも対応する等、介護士のほとんどがかなりの重労働をこなしているといわれています。

少しずつ介護士を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも理解できる話です。
どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。
面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分もテストされていると思ってください。


人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり収入の面で恵まれている印象を受けます。
現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など大変な面もありますが、収入に面に注目すれば、他の職業より高収入を続けやすいことが目立ちます。景気に左右されないのも強みでしょう。高給が約束された安定した業種としては介護士を選ばない理由はないでしょう。私が介護士になった理由はまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設に行ったのですが、そこの介護士さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になったら、あんな職業をしたいと思って看護学校へ進み、晴れて介護士になりました。
確かにつらいこともあります。

しかし、介護士になってよかったです。



医師、そして、介護士。大きく異なっている点があります。
明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防指導を行ったり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。

対する介護士の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。


介護士の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに生活が不規則になってしまい、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。昼夜にわたる、大変な仕事によって疲労はたまる一方であり、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、身体に無理をさせているのかも、と自覚したりします。


介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、転職によって新しく働きだした介護士に、労働に見合うだけの残業手当が未払いになることがあります。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、労働者が新人かどうかは別の話で労働基準法に反した行為です。



就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、働いた人に支給されるべきでしょう。

働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、土日祝日の休みをとることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。

予定にない急な出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、多くの場合は土日は休みでしょう。
若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の介護士は女性が担うものというイメージがありました。

ですが、ここ最近の傾向として介護士という名前も定着して、男性の介護士も珍しくなくなりました。実際の現場に必要になる介護士としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、今の介護士に求められる大切な能力だと言えます。新しい介護士として、初めて介護施設で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、100パーセント希望通りにしてくれるところもある一方、人員配置を担当する人の考え方一つで決定されることもあり得ます。介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。



介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の介護施設にすることです。



実際、介護士の職業は専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして希望者が多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば安定性は確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは魅力的ですよね。


介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。食事をとってきます、と働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。


ではこのエッセンというのは何かといえば、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれよく使われ、親しまれている用語です。
それだけではないにしろ、介護士を志望するモチベーションの一つとして欠かせないものにお給料を多くもらえるということがあると思います。

働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。ただ、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師や介護士など、人の数がかなり減り、また、夜中になってナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。
もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。介護士という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、結果的に離職率が高い仕事となっています。


それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。介護士という仕事に就いていると、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。


だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。
介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」といったケースもよくあるみたいです。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみが可能な職場もあります。ここで気を付けたいことは、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く介護士より給料の額が減ってしまうことがほとんどです。現在の年収を下げてまで日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。


介護士になろうと思っていました。でも、家庭の事情があって会社員としてしばらく働きました。でも、夢を諦められませんでした。


無資格でも看護関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、実際に看護助手の立場で働きながら資格も取れるそうなのです。

介護士の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。


介護士には女性も多いので、複雑な人間関係がつくられているところも少なくないのです。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。



転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。会社員も会社によって給与が違うように、同じことが介護士にも言えます。

町医者と総合介護施設とでは、どうしても年収にも差が出てきます。ですので、一口に介護士といっても、平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。
職場を変わられるときにはご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けなければならないことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。



どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術や知識を学べるといった理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。



しかし、近頃では介護士のユニフォームも変わりつつあり、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。

過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。

例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、当然のようにやめたいと思うことも少なからずあることと思います。



仕事上のミスや、心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。

そうはいっても、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと思うことはいっぱいあります。
時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によってさまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。



介護士の勉強をするための学校には一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。

二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。


対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。介護士が外科に勤務する時のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、理解しておきましょう。


手術を目前に控えているような患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、介護士としての技術が学べることです。



マイナス面としては、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、腰を落ち着けて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。


いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。
介護施設は24時間休みなく動いていますから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。


そのため、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。
こういった勤務形態ですから、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。全国的に介護士が不足している現状は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。代表的な要因として介護士の仕事が過酷だということが挙げられます。


近年、介護士の介護行為が解禁されたことで介護士一人にかかる仕事量が増加し、勤務時間も長くなってしまい、休みを取るのも困難なのです。

あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。

高い給料をもらっている介護士でも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。


介護士の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。とはいっても、メインで勤務している職場が副業を禁止、としていることもあります。

また、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。特に90年代の終わり頃でしょうか、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入るとイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。

その給料についてわかりやすい例を挙げると、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。要するに介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。

介護施設で介護士として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、厳しい労働環境であることなどが影響して他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実は介護士の資格というものは、それ以外の職場にとっても有利な方向に働くことが多いでしょう。
考えられるのは人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心結
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる