不妊を考えるときストレスは無視できないでしょう

April 20 [Wed], 2016, 23:00
不妊を考えるとき、ストレスは無視できないでしょう。

生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、不妊に繋がる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。周囲の励ましや期待などが負担となったり、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるということも少なくなく、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大切です。
妊婦における葉酸の効果は皆様ご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはりご飯の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。あるいは納豆(平安時代にはすでにあったといわれていて、名前の由来は精進料理で寺院の倉庫である納所で作られていたからという説が有力です)や枝豆、ホタテもそうです。

葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。サプリには、葉酸を初め女性に不足しがちな成分を含んだものもあるため、ご飯では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できるというりゆうですね。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特性があります。普通の食生活で推定される摂取量では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが開発されています。



こうしたサプリを選べば不足しがちな栄養素を簡単に摂取出来ますから、安心です。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。


結婚して3年目くらいまでは、基礎体温はつけていたんですけど、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、御友達知人が妊娠したという話を聴くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

病院で検査をうけているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の処方をうけると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほウガイいということでしょう。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、オナカの中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。
葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。

赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天的な障害を発症しやすくなると報告されています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。

葉酸は、胎児の正常な発達に働聞かけるため、妊娠を願望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素のひとつであると知られています。
普段のご飯でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、ご飯での摂取が難しい、なんてこともあると思います。

そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。葉酸はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足しがちな葉酸持ちゃんと補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、葉酸だけを摂っても不十分です。
葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、葉酸以外の栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な成分を適切に補うことが出来るというりゆうです。
こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働聞かけるだけでなく、妊娠しやすい体をつくる基本の栄養素でもあるため、妊娠を計画している女性はサプリの摂取をお奨めします。妊娠を願望する方や計画している方が、影響があるものと言うと、ご飯ですよね。妊活とは、夫婦生活をふくめて妊娠しやすい体づくりを進めるというものです。妊活中の女性はいつでも妊娠する可能性があるわけです。実際に妊娠したと分かるより先に、健康的なご飯で適切な栄養を摂取するようにしましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。ですが、それより前から赤ちゃんを授かっているのです。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。
妊娠しづらい状況を改善するためには、普段の食生活の見直しも一つの手かもしれません。卵子は持ちろん精子だって、親の体内でつくられるのですから、食生活が乱れていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。
妊娠前にも、妊娠後にも役たつことですから、健康的な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。



不妊の要因としては、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が挙げられると思います。
更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女一緒に検査をうけることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/etawrxff3g911a/index1_0.rdf