笑い飛ばすことの大切さ

February 26 [Sun], 2017, 0:19
行き詰まって泣きたいとき
寄り添って笑い飛ばしてくれる人がいる

そんなときは
思いっきり流れにのって
笑うのが正解なんだと思う。

家に帰ってきて
笑わせてくれる人のことを思い出して
有り難くて沢山泣いた。

同じ涙でも違う意味。
いい涙を流せるってことは
価値のあることだ。

そして私も
行き詰まっている人がいたときに
笑い飛ばせるようなチャーミングな人に
なりたい

震える

February 25 [Sat], 2017, 23:53
忘備録カテゴリを追加。

海の近くのホテルでの演奏の仕事で
潮風に吹かれることを想定して
2番手のフルートを持っていったことがありました

小学校のマーチングでの
強風は体験していたのだけど

ビルの吹き抜けの強風で
フルートに入れる息が持っていかれた上
あまりの寒さに唇の震えが止まらなくなって
どんなに緊張感があっても
どうしてもだめな時ってあるのか、と
知った日でした。

ところで、先日、あまりの歯の痛さに
急患で歯医者へ行きました。
どれくらい痛いか聞かれて
表現のしようがなかった私は思わず

「痛過ぎて震えます」

と答えました。

セロリ

February 24 [Fri], 2017, 0:17
山崎まさよしのセロリ聴きながら
セロリを煮る。




脂肪燃焼スープダイエット
4日目。

盛岡バッハ・カンタータ・フェライン40周年記念演奏会

February 20 [Mon], 2017, 21:38
3月になりますが
盛岡に行ってきます。

→盛岡バッハ・カンタータ・フェラインのトップページ←

いわぎんスペシャル
盛岡バッハ・カンタータ・フェライン40 周年記念演奏会
『バッハ作曲ヨハネ受難曲』


■日時  :2017 年3月20 日(月・祝日)14 時00 分開演
       (13 時15 分開場、終演予定16 時30 分)

■会場  :盛岡市民文化ホール(マリオス)大ホール

■チケット:前売料金 指定席 S席5,000 円 A席4,000 円
      自由席 B席2,500 円 (当日各500 円増)

■指揮  :佐々木正利

■ソリスト:
      語り手(福音史家) 及川 豊、鏡 貴之(テノール)
      イエス   小原 浄二(バス)
      ソプラノ  藤崎 美苗、村元 彩夏、金成 佳枝
      アルト   小原 伸枝、谷地畝晶子
      テノール  鳥海 寮、西野 真史、沼田 臣矢
      バス    淡野 太郎(ペトロ)、佐々木直樹(ピラト)

■管弦楽 :東京バッハ・カンタータ・アンサンブル
      (コンサートマスター:蒲生 克郷)

■合唱  :盛岡バッハ・カンタータ・フェライン

■主催  :盛岡バッハ・カンタータ・フェライン

■特別協賛:岩手銀行

■助成  :第5回ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞

■後援  :岩手県教育委員会、盛岡市教育委員会、
      盛岡市文化振興事業団、岩手県合唱連盟、岩手日独協会
■プレイガイド:
      マリオスインフォメーション、カワトク、アネックスカワトク、
      フェザン、プラザおでって、江釣子ショッピングセンターパル
■字幕  :アルゴン社
■連絡先等:盛岡バッハ・カンタータ・フェライン
      Tel:019-665-1614 Fax:019-665-1613
      E-mail:2017jhp@mbkv.jp Web:www.mbkv.jp/

最後の親知らず

February 14 [Tue], 2017, 23:36
4本目
最後の親知らずを抜いた。


麻酔が切れてきて痛すぎて痛い。

紙やすり

February 05 [Sun], 2017, 23:47
こういうときどうしたらいいのか
という類の悩みとか
もやっと感とか
誰にでもあると思うんだけど


その答えが
考えすぎだから考えない、だと
私の心の落とし所が
うまくつけられない場合があり


答えとは言わなくてもいいから
誰かヒントを
と思っている時に
クリスコルファーが
とてもいい話をしていた。


彼は1990年生まれで私よりも
7年も短い人生の中で


何度もなんども傷つけられたら、
相手を紙やすりだと思えばいい。
多少擦り傷は受けれど
自分はピカピカになり
相手は使い物にならなくなる。


と言っている。


こういう機転の効く考え方
好きだわ。

メンターと

January 31 [Tue], 2017, 1:36

メンターが東京にいらしたので
食事会


お土産ありがとうございました。



九段下で河豚を頂きました。




お店の雰囲気もいい感じ


雑炊までたどり着けず。。。





人生の知恵がたくさん詰まった時間
ありがとうございました!

たまに吐く毒。

January 25 [Wed], 2017, 22:33
テレビの仕組みも去ることながら
もう最近
インターネットさえ
テレビ化していて超閉塞感。

なんか、情報の重複と
ありきたりの話題ばかりできもちわるー。

私はもともと本が好きで
まあそれも
自宅にあった父親の
難しそうな松本清張の本を読める
かっこいい小学生になりたい
というミーハーな発想から
学校の図書館に通ったのが始まりだったけど

自分の思ったことを人に話すことが苦手、
というか
限りある短い時間で自分が考えていることを
話すことが不可能で
仕方がないので、
差しさわりない(たまに差しさわる)
たった一つの角度の
たった一部分を話すだけで
性格や考え方を
大して精密ではない分析をされて
しかも
正しいか正しくないかで判断されるっていう
ただやればやるほど損になるっていうシステムが
大っ嫌いだったから
小学生時代からあった読書感想文は
特に大嫌いだった。

なので、ある意味正しい回答である
「あとがきからの抜粋」という
国立大学出身とはあるまじき発想力(笑)で
乗り切っていた。

ニュースとは起きた事実を
誰かがどこかで選んでいる訳で。。。
それを見ている受動的な行為な訳で。。。

ちなみに言うと
人の不幸は蜜の味っていうけど
私が自分の不幸話や自虐する時は
元気になってほしい時かもなー。

もっとひどいのいるから大丈夫だよ、って。

人はそれぞれもちろん毒を持っているし
それが必要な時があるけれども。

そんな訳で
やっぱり。
結局生き残るのは
本だとおもうんですなぁ。

専門家の考え方や思いを
3時間で知れるなんて
とても価値があると思わない?

どうでもいいけど
そのうち携帯持たなくてもいい人になりたいな。

あと50年後には
全国民ICチップの埋め込み義務化とか
なったら引くよね。

もはや、その頃には
AI発達していて
人間は用無しとかだったら
絶望して泣くわ。

今日は推敲なし。
好きなこと書いてるから
読みにくくてごめんね。(笑)

時間は有限です。
一日一日を
大切に生きましょう。

ヨガ

January 25 [Wed], 2017, 22:11
思い起こす事大学時代。
仕事で昼夜がなく、地方の旅や本番で
不規則な生活を送っており
ストレスと過労で時間がなく
食に対する興味が失せ
食事も移動時間に歩きながら摂っていた。

けど体は食べ物を欲している。

北京からまっすぐ行く予定だった
次の仕事の準備で夜中仕事してると
変なインターバルで仕事をする私をみて
相部屋の相棒に
「たんのさん大丈夫?」
どん引きされる始末。

うん、
間違いなくあの時は、
大丈夫じゃなかったよ。

考えたら昼間はフルートの練習と本番
夜は打ち上げ、懇親会
夜中は次の仕事の譜面制作
少し寝る、食べる、仕事、寝る。

今で言うところの
そこらのブラック企業と同じじゃないですか。
体力がないと絶対に出来ない仕事ですね。

で、その名残で
忙しくなったりすると
夜中に食べてる時があるわけで。
神経質なので
すぐ目が覚めてしまい
食べ始めちゃうんです。
そして急スピードで太っちゃうんです。

どうやって解決しようか考えた結果。
とりあえず
家ヨガ始めました。

肩こりが少し軽減されてきた感じ。

思考回路の客観視

January 17 [Tue], 2017, 18:51
手段と目的

新しい発見
ふとした気付き

さっくり混ぜてみたが
どうも何かが足りない

パンケーキに入れる隠し味か
はたまた
うどんの生地のように
じっくり捏ねるのか?

不確定な未来に対処出来る唯一の方法は
入念な準備。

その準備以上の不確定さが出てきた時は
勘になるけども

勘だって経験の多さでの勝率でもあるわけで

じゃあどうすればいいの?

ってときは
沢山の準備をして
沢山の経験をするしかないってことになる。

失敗を恐れるな、の意味は
そこにあるのでは?

目の前の事ではなくて
長い長い未来に続く道のりで出会うであろう
チャレンジの機会を
経験を積むチャンスを
みすみすやらない方を選ぶということほど
もったいないことはないのではないのかな。

まあ。
もちろん例外もありますがね。
もうやって意味がないと分かっている事とか

例えがわかりにくいかもしれないけど。。。
よくある名言とかで
人を変えられないなら
自分が変わればいい!とか
事実ではあるんだけど。
時と場合もあるっていうかね。
自分が変わっても
何も変わらないこともあるっていうか。

変わらない事に煮え切れず
強い思いを全面に打ち出すか
そもそも論に気付き冷静に考えるか

そこで気付くのさ。
自分の心の声に従おう!って。

そこまで考えて出る心の声に従おうって答えなら
きっと納得した答えになってるんじゃないかな?

なんて
自分の思考回路を
客観的に表現してみました。
アクセスカウンター
mailはこちらへどうぞ
tanno_emiko@yahoo.co.jp
Profile
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:のんたん
読者になる
■丹野恵美子 フルーティスト。1983年生まれ。5才よりエレクトーン、7才よりピアノ、10才よりフルートを始める。第2回全日本中学生・高校生管楽器ソロコンテスト(日本吹奏楽指導者協会主催)中学校の部第1位。北海道苫小牧東高校、東京藝術大学卒業。フルートを箕輪早智子、阿部博光、金昌国、細川順三、浅生典子、木ノ脇道元、中野富雄の各氏に師事。 ■Works /2015年 ●トーキョーワンダーサイト主催 「声楽家キャシーバーベリアンの革命 生誕90周年」(東京) ●岩倉建設株式会社社員大会講演会「フルートと私」(札幌) ●地元音楽家の夕べ30回記念コンサート(苫小牧) /2014年 ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●公益社団法人北海道倶楽部交流の夕べ(東京) ●北海道大人のバルin東京(東京) /2013年 ●盛岡バッハカンタータフェライン(盛岡) ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●NHK Eテレ「お父さんといっしょ」みんなのうた収録 /2012年 ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●盛岡バッハ・カンタータ・フェライン35周年演奏会 イタリアン・バロックの煌めき(盛岡) ●第28回地元音楽家の夕べアフタヌーンコンサート(苫小牧) ●六本木新世界「Alternative Infinity Session」 (東京) ●SARAVAH東京「Alternative Infinity」(東京) ●「Chio Allin Live」 Opening Act (東京) ●「ZIZI!!」プロモーションビデオ制作 ●VOICE SPACE東京インスピレーション「明日、いつもと違う匂い。」(東京) /2011年 ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●SARAVAH東京「Alternative Infinity」(東京) ●谷川俊太郎&賢作コンサート「詩と音楽の贈り物」(神戸) /2010年 ●キングレコード「響け!ぼくらのメッセージソング」収録 /2009年 ●VOICE SPACE 「声の幻」(東京) ●山野楽器銀座本店フルートワールド2009「パウエルで奏でる珠玉のポップス」(東京) ●VOICE SPACE CDアルバム収録(山口) /2008年 ●Orkester Kompussi 「未分化の宇宙」(東京) ●いとうたかおライブ「無何有の郷まで」(東京) ●北京大学創立110周年記念イベント「燕園の春_中日詩歌朗誦」(北京) /2007年 ●Composiesta Capter4「新作室内楽を聴く昼下がり」(東京) ●Company izuruコンサートプロジェクト「音楽×音曲」(東京) ●中原中也生誕100周年記念祭(山口) ●文化庁芸術参加作品朗読劇「子守唄よ−中原中也をめぐる声と音楽のファンタジー」(山口、東京) ●AES(Audio Engineering Society)東京コンベンション2007第三回学生サウンドアワード市地優作品レコーディング(東京) /2006年 ●第二回倉敷インスピレーション(岡山) ●胡 銀岳「Stream-Performance & Lecture of contemporary」(北京中央音楽学院、首都師範大学音楽学院、上海音楽学院、杭州師範学院) /2005年 ●長野県木曽郡山口村閉村式(長野) ●流通経済大学学園祭(千葉) ●第一回とちの木音楽祭(栃木) ●中学校音楽教室(福島) /2004年 ●スペシャルオリンピックス(SO)公式文化事業 「コバケンとその仲間達オーケストラ」(長野、熊本、福島、その他) ●「Japan Korea crossroad 2004 exchange concert 韓国の作曲家と共に」(東京、韓国淑明女子大学校) ●苫小牧マーガレット幼稚園「新園舎落成式」(苫小牧) /2003年以前、その他 ●アコード出版サンプルCD「蒼い月の神話」(Vol.12)「妖精の森」(Vol.15) [作曲;石毛里佳]収録。 ●ジョイントリサイタル[佐藤瑞希/丹野恵美子](苫小牧アイビープラザ) ●テレビ東京「出没!アド街ック天国」(荻窪)●ヤマハジュニアオリジナルコンサート公開収録(愛知)●日本紅茶協会イベント(スリランカ大使館) ●作曲家の新曲初演、企業イベント案件、発表会等の演奏、演奏家マネジメント、作曲、アレンジ、文化事業に伴う個人、グループレッスン講師等。 /大好きな人達と一緒にいたいから。一生賭けて目指すのは、ロックでソウルフルな職人フルーティスト!
Month
P R
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Comment
のんたん
» 思ったこと (2016年12月04日)
iumi
» 思ったこと (2016年12月04日)
のんたん
» 徒然 (2016年11月19日)
iumi
» 徒然 (2016年11月13日)
のんたん
» 失敗は成功の通り道 (2016年08月04日)
ももか
» 失敗は成功の通り道 (2016年07月31日)
のんたん
» おぬし、そこにおったか。 (2016年07月04日)
iumi
» おぬし、そこにおったか。 (2016年07月01日)
のんたん
» 違和感の理由 (2016年06月19日)
iumi
» 違和感の理由 (2016年06月19日)