思ったこと

December 02 [Fri], 2016, 18:07
ポジティブな島国根性と
ポジティブな大陸根性は
どの時代にどの場所でも必要な
強かさや逞しさなんじゃないかと思う
今日この頃


何事も
いくらでも
出来ない理由を言うことは簡単である


真の問題解決を
教育の中でどれほど考え
実践していけるかが
今後の
最重要課題になって行くのではないか


それにいち早く気付き実践している
凄腕マネジメントをちらほら見かける時


今までの日本の教育そのものを
否定すべきでないと心から思えるから


熟考の必然性や
物事の背景を知る広い視野や洞察力は
今後の必要なスキルとして
より一層重宝されていくのではないか


言葉とは
情報伝達はもちろん
心の動きを知るための
一つの方法でもある


日本では国語という
国の言葉であるという位置付けで
美しさを伴うことが
私の、日本が好きな理由の一つだ

同じ時代に生きること

November 22 [Tue], 2016, 0:06
何かを感じたり思ったりすることは
きっと前進しているから。

同じ世界に
同じ時代に
せっかく出会えたんだもの。

そりゃあ日々は
楽なことばっかじゃないから
日々反省と凹みで
諦めたくなるくらい苦しい時も多い

みんなそれぞれいろんな背景があるから
全てを理解は出来ないにしても。

理解しようと努力してる人を
私は、応援したくなる。


だからこそ
前を向いて励ましてくれる人達と
今日を生きることができたことに感謝!

私も励ましたり
希望を持って毎日を過ごせるような
日々を作っていけるようになりたい!





鼻歌交じりの命懸け

November 15 [Tue], 2016, 23:41
目的地が分かっているのに
なかなか前に進めない時
悔しさで涙が出る


けど泣いていても仕方ないから
とにかく
少しでもいいから
前に進むことだけ考える


これが
思ったよりも難しい


省エネしながらの猛ダッシュは
鼻歌交じりの命懸け

師匠のリサイタル

November 14 [Mon], 2016, 7:56



今日は私のフルートの師匠
阿部博光先生のリサイタルのため
ドルチェ楽器に行ってきました。
先生には中学時代にも
何度かレッスンして頂きましたが
門下生としての入門は
大学受験の準備のレッスンで
高校1年生からなので
かれこれ10数年、
もう少しで20年になります。


今日のリサイタルは
先生のルーツを強く感じるリサイタルで
日々、先生の生き様を追いかけ尊敬する
弟子の身として、大変感慨深く
嬉しさと有難さが
溢れる時間になりました。
種明かしはあまりにももったいないので
来週17日には札幌でのリサイタルを
是非聴きにいらして頂けたらと思います。


また、門下生の方々との再会も出来
新たな目標や活力を与えてもらう
大変貴重な場所でもありました。
このような機会に
恵まれていることに感謝し
日々を丁寧に
出会う人を大切にして
生きて行きたいと思いました。

徒然

November 10 [Thu], 2016, 23:54
同じ一つの言葉を聞いた時
その意味を何個捉えられるだろうか


数字も同じで
一つの数字の中に
どんなものがどれくらい入っているか
感じることや想像することは
出来るだろうか


自分が正しいなんて
これっぽっちも思ってない


コミュニケーションは
自分だけでも相手だけでも
成り立たないもの

自分の努力だけでは結果は生まれないが
人に努力を強要することでもない


本人が望んだ努力と

成果が別物だった時には
それは違うんじゃないの?
と思う


思うところ色々
ただただ悲しく寂しいミスマッチ


大人になるって、辛い。

東京とまこまい会

October 22 [Sat], 2016, 15:38

東京とまこまい会に
初めて参加してきました。


1人で行ったので緊張しましたが
高校の先輩方ともお会いできたし
美味しいお酒と北寄貝に
懐かしさと嬉しさで胸キュンでした。


駆け付け一杯目から
苫小牧の日本酒、美苫を頂いたので
苫小牧のゆるキャラ、
とまチョップと写真を撮る頃には
いい調子。



苫小牧の水道水も
ペットボトルになっていました。





大学に入りたての頃
東京の水道水の味に
びっくりしたことを父親に話したところ
急に仕送りの宅配便が届きました。


あまりの重さに
一体何が入っているのか、と思い
ふたを開けると
某焼酎の4リットルボトル2本に
苫小牧の水道水を入れました
と父親からのメッセージ。
父親のハートに
グッと来たことを思い出しました。

ところ変わって
先輩方に2次会にお誘い頂き
沢山の面白経験を酒のつまみに。
嬉しさと楽しさで
胸いっぱいな金曜日の夜でした。







お土産に頂いた北寄貝の魚醤。
まろやかで美味しかったです。




連休最終日

October 10 [Mon], 2016, 23:50

連休最終日は横浜へ散歩。


中華街で食べ放題。
北京ダック美味しかった。







外へ出ると、民族楽器と爆竹の音が鳴っていました。


お祭り女の血が騒ぎ、吸い込まれるように観に行ったら、台湾の建国記念の祝賀獅子舞をやっていて、ドキドキわくわく。

その後、海上で初の重要文化財になった日本郵船氷川丸を観に。17時までは中も見られるそうです。



赤レンガ倉庫は、オクトーバーフェストで大盛り上がり真っ最中。楽しそうな人で賑々していました。


横浜最後は観覧車で夜景。
高所の恐怖より美しさが勝りました。






連休1日目

October 09 [Sun], 2016, 2:00
観葉植物を見ながら
コーヒーを飲むのが好きだ。






体が少しずつ目覚めてきたので
ずっと気になっていた
東京理科大の数学体験館に行ってきた。




数学体験館





それぞれのブースに
インストラクターがいて
展示や数学の説明をしてくれる。


私が面白いと思ったのは
放物線の美しさと
楕円の焦点についてだった。


子供の数学への興味付けにも
ぴったりの場所でした。


せっかく神楽坂に行ったので
散歩をする


いつも見かける
クレミアのソフトクリーム


見かける度に
食べてみたいと思っていた!
クレミア ソフトクリーム

ラングドシャとの相性もバツグンだけど
何より癖になりそうな
濃厚なクリームが美味しかった!


街並みを見ながら
赤城神社に差し掛かる




いい雰囲気でした。


途中に寄った素敵なお店で
お土産を買いました。


ちょっとした手土産を
持って行きたいときに
おすすめ出来る
おしゃれな包装と美しさでした。






おこし処 神楽坂菓寮


写真は梅味のおこし。


御菓子司 神楽坂 梅花亭



写真は
鮎のてんぷら最中
神楽坂石畳
れもん味の大福


楽しい1日でした!

季節の変わり目と疲労

October 05 [Wed], 2016, 0:49
体の不調を整えようと力が入り
色んなことを試して失敗し

結構苦しい日々だった。


眠れないのが辛すぎて
短くてもいいから深い眠りにつくには
どうしたらいいのかずっと考えてた。


そしたらとつぜん
歩いてるときに
ぷっつーん。と頭の中で何かが切れて


自問自答より自分の感情が先行した。
自責の念は
反省材料としては必要だし
普段はもちろん
自分が変わればいいじゃんて発想で


どんな役割のときにも
頭の片隅にはそれがあるんだけど。


ぷっつんしたときの感情は
そんなこと知るかー!
っていう丹野の心の叫び。


思った通りにいかないことが
世の中では当たり前だっていう
前提条件の中で
じゃあどうやったら
より幸せに豊かに
出来ることなら周りも幸せに
ベストが難しいなら
よりベターに過ごすか
前向きに考えよう!
っていう基本的なポリシーが
あるにもかかわらず
自分が信じてることを
抑えつけてストレスを増やしていたなんて


自分のアホっぷりにボーゼンだ。


自分を愛せずどうして人を愛せよう。
我儘って言葉はネガティヴじゃなくて
ポジティヴに使いたいと
思った丹野なのでした。

札幌フルートフェスティバル

September 20 [Tue], 2016, 20:49
今回も、賛助出演で
バスフルート抱えて
札幌フルートフェスティバルへ
行って参りました!

別件で前入りしていたので
リハーサルには早めに到着。
札幌だけでなく、全道のフルーティストが
どしどし集まってきています。


協会の方に
お帰りなさい!と第一声、
声をかけていただき
師匠や皆様との再会に
思わずグッときて泣きました(笑)

今回のプログラムはこんな感じ!

ゲストは赤木りえさんです!

リハーサル終了後
合間に大通りを通ると
オータムフェスト中。
賑々したいい雰囲気でした。


その近くには赤レンガの旧道庁。

歴史ある建物で
重要文化財に指定されています。


さて!
当日の会場は札幌市教育文化会館。

このホールでの初めての本番は
確か小学校5年生の時。
所属していた
苫小牧ジュニアオーケストラでの
本番でした。
当時、富岡萬先生が指揮をされていて
私はオケでのフルート演奏と
オケの紹介をする
ナレーターを任されました。
入団したばかりの私がナレーション?と
不思議さは未だに残っております。

富岡先生は、緻密なレッスンを
熱心にされる先生で
オーケストラの練習以外にも
オーケストラの曲での個人レッスンも
ご自宅でされていました。
幼い私はその情熱と厳しさに
圧倒されっぱなしでしたが
ナレーションのレッスンも
何度か電話で行って頂きながら
1つ1つのステージに対する
プロ意識の大切さを学びました。
当時はついて行くのに必死でしたが
今となっては貴重な経験だったと
切に思います。

隣接する建物は札幌市資料館です。
時間がなく中は見られませんでしたが
登録有形文化財です。
大変素敵な建物でした。


朝ステージに行くと、
こんな状態になっています。
ここからスタッフさん達が
舞台を作っていきます。

反響板や、椅子の設置が終わりました。

ゲネプロスタート!


演奏後。
カナダから一時帰国中の小野さん。
もしかしていらっしゃるのでは?と
思っていたら、、、
本当に!
感動の再会に喜びの一枚です!


大御所佐々木先生と
今回のゲスト、赤木りえさんとの
貴重なショットです。
佐々木先生の音楽に対する
強い情熱とこだわりが
リハーサル中にびしびし伝わりました。


私も記念に
赤木りえさんと
写真を撮って頂きました。
フルート、ピアノ、カホーンの
エネルギッシュで魂のこもったライブ!
近くで聴けて幸せでした!
ありがとうございました!


素敵先輩フルーティスト浅井良子さん。
今回も沢山のアドバイス
ありがとうございました!


二次会は飛行機の関係で
滞在30分でしたが


お陰様で楽しんで参りました!
ありがとうございました!


札幌フルート協会の方達の
チャレンジ精神溢れる演奏や活動は
北海道の音楽シーンを引っ張っていく
推進力があります。

年に一回、こちらにお伺いできる事は
七夕で、織姫と彦星が
再会するときと同じような
わくわくドキドキ感があり
新しい歴史を作っていく瞬間や
そんな方達の生き様を
見られることはもちろん
みんなと音楽をする喜びを
共有出来ることを何より
嬉しく思います。

帰って来れる場所があること
私が私である再確認をする場でもあり
皆さんの温かさに触れられる瞬間
やっぱり
フルートやってて良かった!
続けてて良かったって思えます!
お世話になった皆様、
本当にありがとうございました!
アクセスカウンター
mailはこちらへどうぞ
tanno_emiko@yahoo.co.jp
Profile
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:のんたん
読者になる
■丹野恵美子 フルーティスト。1983年生まれ。5才よりエレクトーン、7才よりピアノ、10才よりフルートを始める。第2回全日本中学生・高校生管楽器ソロコンテスト(日本吹奏楽指導者協会主催)中学校の部第1位。北海道苫小牧東高校、東京藝術大学卒業。フルートを箕輪早智子、阿部博光、金昌国、細川順三、浅生典子、木ノ脇道元、中野富雄の各氏に師事。 ■Works /2015年 ●トーキョーワンダーサイト主催 「声楽家キャシーバーベリアンの革命 生誕90周年」(東京) ●岩倉建設株式会社社員大会講演会「フルートと私」(札幌) ●地元音楽家の夕べ30回記念コンサート(苫小牧) /2014年 ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●公益社団法人北海道倶楽部交流の夕べ(東京) ●北海道大人のバルin東京(東京) /2013年 ●盛岡バッハカンタータフェライン(盛岡) ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●NHK Eテレ「お父さんといっしょ」みんなのうた収録 /2012年 ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●盛岡バッハ・カンタータ・フェライン35周年演奏会 イタリアン・バロックの煌めき(盛岡) ●第28回地元音楽家の夕べアフタヌーンコンサート(苫小牧) ●六本木新世界「Alternative Infinity Session」 (東京) ●SARAVAH東京「Alternative Infinity」(東京) ●「Chio Allin Live」 Opening Act (東京) ●「ZIZI!!」プロモーションビデオ制作 ●VOICE SPACE東京インスピレーション「明日、いつもと違う匂い。」(東京) /2011年 ●札幌フルートフェスティバル(札幌) ●SARAVAH東京「Alternative Infinity」(東京) ●谷川俊太郎&賢作コンサート「詩と音楽の贈り物」(神戸) /2010年 ●キングレコード「響け!ぼくらのメッセージソング」収録 /2009年 ●VOICE SPACE 「声の幻」(東京) ●山野楽器銀座本店フルートワールド2009「パウエルで奏でる珠玉のポップス」(東京) ●VOICE SPACE CDアルバム収録(山口) /2008年 ●Orkester Kompussi 「未分化の宇宙」(東京) ●いとうたかおライブ「無何有の郷まで」(東京) ●北京大学創立110周年記念イベント「燕園の春_中日詩歌朗誦」(北京) /2007年 ●Composiesta Capter4「新作室内楽を聴く昼下がり」(東京) ●Company izuruコンサートプロジェクト「音楽×音曲」(東京) ●中原中也生誕100周年記念祭(山口) ●文化庁芸術参加作品朗読劇「子守唄よ−中原中也をめぐる声と音楽のファンタジー」(山口、東京) ●AES(Audio Engineering Society)東京コンベンション2007第三回学生サウンドアワード市地優作品レコーディング(東京) /2006年 ●第二回倉敷インスピレーション(岡山) ●胡 銀岳「Stream-Performance & Lecture of contemporary」(北京中央音楽学院、首都師範大学音楽学院、上海音楽学院、杭州師範学院) /2005年 ●長野県木曽郡山口村閉村式(長野) ●流通経済大学学園祭(千葉) ●第一回とちの木音楽祭(栃木) ●中学校音楽教室(福島) /2004年 ●スペシャルオリンピックス(SO)公式文化事業 「コバケンとその仲間達オーケストラ」(長野、熊本、福島、その他) ●「Japan Korea crossroad 2004 exchange concert 韓国の作曲家と共に」(東京、韓国淑明女子大学校) ●苫小牧マーガレット幼稚園「新園舎落成式」(苫小牧) /2003年以前、その他 ●アコード出版サンプルCD「蒼い月の神話」(Vol.12)「妖精の森」(Vol.15) [作曲;石毛里佳]収録。 ●ジョイントリサイタル[佐藤瑞希/丹野恵美子](苫小牧アイビープラザ) ●テレビ東京「出没!アド街ック天国」(荻窪)●ヤマハジュニアオリジナルコンサート公開収録(愛知)●日本紅茶協会イベント(スリランカ大使館) ●作曲家の新曲初演、企業イベント案件、発表会等の演奏、演奏家マネジメント、作曲、アレンジ、文化事業に伴う個人、グループレッスン講師等。 /大好きな人達と一緒にいたいから。一生賭けて目指すのは、ロックでソウルフルな職人フルーティスト!
Month
P R
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Comment
のんたん
» 徒然 (2016年11月19日)
iumi
» 徒然 (2016年11月13日)
のんたん
» 失敗は成功の通り道 (2016年08月04日)
ももか
» 失敗は成功の通り道 (2016年07月31日)
のんたん
» おぬし、そこにおったか。 (2016年07月04日)
iumi
» おぬし、そこにおったか。 (2016年07月01日)
のんたん
» 違和感の理由 (2016年06月19日)
iumi
» 違和感の理由 (2016年06月19日)
のんたん
» 師匠からの言葉 (2016年06月16日)
iumi
» 師匠からの言葉 (2016年06月15日)