痛風に悪い?ビールに関して

July 31 [Wed], 2013, 13:48
ビールに関して重要なポイントは、日本酒やワインなどのアルコール飲料よりもアルコール濃度が薄いので、同じ量を飲んでも水分がより多く摂取されるため、その分、尿量が多くなり、痛風の合併症の一つである尿路結石の予防になるということです。痛風の原因となる尿酸の元になる物質をプリン体といいます。プリン体はお酒の中ではビールに最も含まれているといわれ、痛風の人の中にはビールを数杯飲んだだけで症状が出てしまうという人もいます。

痛風と発作について
アルコールを多く飲んだ後に痛風の発作がおこりやすいようです。お酒のアルコールは肝臓で尿酸が作られるのを促進し、尿酸濃度をあげてしまいます。このことは、これまでプリン体に配慮するあまり、なおざりにされていたように思いますが、ビールは実は善玉としてもっと強調されるべきであると、今は考えています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:et4b5mmd
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/et4b5mmd/index1_0.rdf