タッキーの今津

March 03 [Thu], 2016, 11:29
准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必要不可欠になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。
ですからこれらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。


勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事をかなり自由に選択可能、というのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあっていろいろある中から、自分に合ったところを選べます。
なので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。
看護師として働く人は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。それから、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。


もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。退職する時に出る手当である、退職金については、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。


個人病院はどうなっているかというと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。


看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。現に入院して一日、看護師をみていると、多くのサポートが必要な患者が入院していないのならば、定められた作業をするだけですが、その作業だけでも結構大変です。
重篤なクランケが入院している場合には、さらなる激務となってしまい、精神的圧力が強まるでしょう。



看護師になろうと思っていました。
でも、家の都合によって会社員として働くことになりました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。無資格でも看護関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。

すると、現場で看護助手として働くと同時に看護師資格を取る方法があることを知りました。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、病院などの医療の現場で働く人々がまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。なので、現時点で看護師不足の状態なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。
毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。看護師が転職するにあたっての志望動機には色々なものがあります。例えば、最先端医療や高度な医療技術のマスターと場数を多く踏むために、特殊技術を持つ病院に転職したいという状況もあると思います。

また、結婚とか出産といったライフスタイルの変化に適応できるように新たな職場を探すケースも少なくありません。
看護roo!のウェブサイトで利用可能な看護師専用のコミュニティサービスも、経験豊富な先輩看護師からの助言や常日頃、看護師が注目している情報が網羅されていて、ずいぶん人気を集めています。
看護師が日頃から、疑問に思っていることや誰かに訊きたいと思っていること、それらの回答もコミュニティでわかるので、かなり参考になるはずです。

貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院に限りません。

どういったところかというと、グループホームという介護施設です。


こういったところでも特に看護師は重宝されているのです。

このグループホームにいるのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、特別な配慮が必要となってきます。

様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:勇斗
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/esytdhtmiohabr/index1_0.rdf