オーロラ透明鱗とハル

December 22 [Thu], 2016, 6:22
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。
自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。
手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。
より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる