適切な葉酸の摂取の結果胎児の健やかな成長

April 09 [Sat], 2016, 1:45
適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが認められています。


ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。たとえば葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品として、妊婦が利用する場合もあるようです。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取をもとめられる栄養素であるとご存知ですか?とはいえ、つわりや体調によっては、ご飯をするのも辛い時がありますよね。

そうすると食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)からの摂取が難しい、なんてこともあると思います。そんな時には、無理に食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)から摂取せず、葉酸サプリメントに切り替えることで理想的な量の葉酸を摂取できますし、栄養的にも問題ありません。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、育児や赤ちゃん製品で広く知られているピジョンのサプリでしょう。

ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、いくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっているのです。殆どの葉酸サプリに鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。



この葉酸サプリだったら、イロイロなサプリを複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。
管理も楽なので、おススメです。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つはたらきに注目が集まっています。葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみて頂戴ね。大聞くなってきたおなかを見ると、最近まで不妊治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)に通っていたのが嘘のようです。
赤ちゃんがほしいと思いはじめてから2年。


タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、ぜんぜん妊娠できなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。


ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取がもとめられる栄養素です。その効果は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。
では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿とか汗で流出します。

その為に、体内に蓄積するということはありません。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうかか。
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

葉酸サプリはご飯での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。


葉酸サプリを飲む場合には、提示された規定量を必ず守るようにして頂戴。



葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みんなご存知かと思います。しかし、幾ら必要不可欠な栄養素だと言っても、摂取量に気を付けて頂戴。
これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、ご飯で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。
ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。
葉酸の過剰摂取によって、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。
他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。不妊の根本的な原因は、排卵が上手くいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側に原因があるものと、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性のほうに起因するものが考えられるでしょう。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、両親一緒に受診して検査をうけることが、とても重要な意味を持つのです。
実際に妊娠してから意識的な葉酸の摂取をはじめた方が殆どだと思います。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも問題はありません。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。
葉酸は様々に活躍してくれるでしょう。
たとえば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。



あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。


中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると言われていますので、妊活が終わった後も、飲みつづけたいお茶だと言えます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/esycirpaqrhua1/index1_0.rdf