めごっちの小椋

August 11 [Fri], 2017, 17:13
下腹部の強い痛みの元凶となる疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な部位の病気が挙げられるようです。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内側が狭くなってしまい、血流が停止し、大事な酸素や栄養が心筋に送られず、筋細胞自体が機能しなくなってしまう大変恐ろしい病気です。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学的に股部白癬と称されている、かびの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの部位に何らかの理由で感染し、寄生してしまった病気のことであり簡単に言うと水虫です。
トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる機能が特に認識されていると思いますが、それ以外にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。
鍼灸のはりを皮膚に刺してもらう、というフィジカルな程よい複数の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われている要は電気信号の化学伝達を誘引するという見方が浸透しています。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に欠かせない特殊な酵素や、細胞や組織などの代謝機能に関係している酵素など、200種類以上存在する酵素を構成する成分として大切なミネラルの一つなのです。
BMIを計算する式はどの国にも共通していますが、BMI値の位置づけは国家によって少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と位置付けています。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように他の人にも精度の高いマイクロホンを利用してみると感じるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。
耳の中の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、中耳の近くに黴菌やウィルスが付着して発赤等の炎症がみられたり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼ぶのです。
突然発症する急性腸炎は、普通は腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状が出る程度ですが、バイ菌の感染による腸炎の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高熱が出るのが通例だといえます。
流行性感冒、即ちインフルエンザに対応した予防するための方法や病院での治療といった類の必ず行われる対処策は、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほとんど変わりません。
ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは性質が違い、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果をいかんなく発揮するのです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、4〜5日くらいきちんと薬を飲めば、原則、90%近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、そうは言っても食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が根治したとは断定できないのです。
男性だけにある前立腺という生殖器はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密接に関係していますが、前立腺に出現してしまったガンも同じく、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの機能によって大きくなります。
内臓脂肪過多の肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2〜3項目一致する健康状態を、内臓脂肪症候群と言っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tatsunosuke
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる