ガウだけど荒井

May 07 [Sat], 2016, 11:46
不妊の要因になるものといえば、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性の方での問題と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性由来のものとが挙げられると思います。しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男女ともに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことにそう時間をおかず妊娠することができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸のサプリを飲んでも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。妊娠しづらい状況を改善するためには、いつもの食事を改めてみるのも一つの手かもしれません。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、食生活が乱れていては活発な卵子・精子は望むほうが無理なのではないでしょうか。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。妊娠しづらいように感じ始めたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。基礎体温は運動などによる変化がありませんから、女性の体の状態がある程度推測でき、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、その通りにしていくのが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。葉酸は、この時に重要な働きをします。今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。ですから、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思います。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、妊活中の夫婦それぞれに効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。妊娠を希望する方や計画している方が、影響があるものと言えば、食事ですよね。妊活を行っているということは、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。ですから、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。ですが、それより前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。妊娠しにくい体質を改善する食品というと、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも大事な栄養素が含まれていますから、意識して食べたい食品に入ります。ただ、総合的に言えば、一つの食品群に偏らないことが理想的な食生活というのに変わりはありません。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は今しばらくは我慢するべきでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる