プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:esqfepwzeyiouj
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
刺激策の出口戦略は慎重に=中国・胡錦濤主席 / 2010年06月28日(月)
 【トロント】胡錦濤・中国国家主席は27日、20カ国・地域(G20)首脳会合で、世界経済の回復はまだ初期の段階にあり、脆弱だとして、景気刺激策からの出口戦略の時期と範囲については慎重に行動すべきだとの見解を示した。また国際的分業や、バランスの取れた金融・貿易構造の実現のため他の国々と協力する構えを強調した。

 この発言の背景には、経済政策の優先順位を成長維持に置くか、支出削減に置くかで各国の意見が分かれていることがある。ユーロ圏の債務危機によって、この問題は、大きな論争となっている。

 予想された通りに、胡錦濤主席は同国の人民元など微妙な問題には触れず、持続可能な開発、自由貿易、貧困対策といった世界的テーマに焦点を当てた。ただ、同主席は、中国は自国経済を消費先導型に変えていくと約束していると強調した。ただ、その過程は時間がかかり複雑だとしている。

 同主席は「世界経済は徐々に回復しているが、その基盤は確固としたものではなく、その過程は均衡が取れていない。相当な不透明感に直面している」とし、世界経済にはまだ顕著なシステム的、構造的リスクがあると述べた。

 また、「景気刺激策からの出口戦略の時期、ペース、範囲については慎重かつ適切な方法で行動しなければならず、世界経済の回復の勢いを揺るぎないものにしなければならない」と強調した。

 同国家主席は、政府債務危機に陥った国々を支援し、世界金融システムと規制の枠組みの改革に、一層強くコミットするよう各国に呼びかけた。

 さらに、世界金融危機の影響で評判を大きく落とした格付け会社を批判し、「格付け会社の規制を強化し、これらの企業への依存を減らし、その行動規範と責任制度を改善する必要がある」と強調した。

【6月28日11時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000007-wsj-int
 
   
Posted at 13:58/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!