葉酸は体に不可欠な栄養素でビタミン(体内で合成できないことがほとんど

August 09 [Tue], 2016, 12:39
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)B群の一種です。

野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多くふくまれています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。妊活中の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。


長男が生まれていましたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。


妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待と不安で緊張して生活いました。

結果は女の子でしたから、主人持とても喜びました。産み分けをして良かっ立と思っています。



妊活中の女性に対して、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

葉酸はビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告があるのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。



この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給が御勧めです。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。



結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、義妹や姉のところに子供ができると、やりきれない気分でした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、担当医の指導をうけて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。



薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、そう簡単には妊娠できず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。私はラッキーだったのか、早々に赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。



不妊が続く状態を打破するために、食事を見直すことも重要なことだと思います。



精子や卵子をつくるのは親となる人の体ですから、食生活が乱れていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。妊娠前にも、妊娠後にも役たつことですから、偏らない、健全な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。



妊娠を望む方や妊活中の女性にとって影響があるものと言えば、食事ですよね。

日頃から妊活を頑張っている方は、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、妊娠が発覚するよりも前の受胎時の段階で、十分な栄養で満たされているように、妊活中から健康的な食事を心がけましょう。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から妊娠はすでに始まっているのですから、受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。野菜の中でも、多くの葉酸がふくまれているものは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜系の葉菜が多いようです。病院の検査で妊娠が分かってから、できるだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減すると知られています。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆とかホタテにも、多くの葉酸がふくまれていますから、野菜の替りにそれらを食べることをおススメします。
妊娠をきっかけに病院が行う栄養指導や、母親学級で指導された方も多いと思います。多くの方が、そうした機会に、葉酸のはたらきと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。

みなさんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸がふくまれています。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてみて下さい。
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。とりりゆうて赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は重要な効果です。妊娠する可能性がある方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。



とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。

サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単だと思いますから、是非試してみてみて下さい。



妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を造る力を強めるというはたらきがあります。

これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

また、葉酸で血液が増えれば新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果を持たらすのです。みなさんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
一般的な生活で摂取できる分ではナカナカ理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。


近頃は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが開発されています。

このようなサプリを飲めば不足しがちな栄養素を簡単に摂取出来ますので、安心です。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取がもとめられる栄養素です。
その効果は日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。


摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿とか汗で流出します。そのため、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。



サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守ってみて下さい。葉酸を多く含む食べ物ですが、果物では、イチゴが有名です。



あまり耳馴染みが無いかも知れませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。



あるいは、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。葉酸はビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の一種ですから、オレンジやレモンにも豊富にふくまれています。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースで補うのも良いですね。ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。


生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、不妊症のさまざまな要因のスイッチ役となるからです。早く赤ちゃんを望む周囲の期待や本人の不安などが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。



神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大事かも知れません。



葉酸は加熱によって失われやすいため、食べ物から摂取する場合、調理には注意してみて下さい。葉酸をできるだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱をとおす程度にした方が良いです。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が一番簡単だと言えますね。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、皆様ご存知かと思います。


しかし、大切な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。



特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。葉酸の過剰摂取によって、食欲不振や吐き気といった副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)が出ることがあるとの報告があります。それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。
なんとなく不妊を疑い初めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。平均体温と基礎体温はちがいます。基礎体温を見ると体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役たちます。

さて、基礎体温表をつくるにあたっては、経過をみるために「毎日」、活動量の影響をうけない「起床時すぐ」に測るというルールもあるので、その通りにしていくのが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。例えば、妊娠前から葉酸を適切に摂取した方が良いと読んでいる雑誌で特集が組まれていました。

どうやら、葉酸は赤ちゃんが大聞くなるために重要な成分らしいです。

妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取がもとめられているようです。野菜に多くふくまれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのはすごく骨が折れそうだな、と思いました。
手軽に摂るなら、サプリを使うのも良い方法だそうです。調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。

妊婦にとって葉酸は最も大切な成分ですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸には、細胞分裂を促すはたらきがある事が分かっていますから、これが赤ちゃんに不足してしまうと、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取を御勧めします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美桜
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/esmei8fn6owobl/index1_0.rdf