現状ではインプラント治療のほとん

December 31 [Sat], 2016, 13:57
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。


しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。
費用すべてを現金で一度に支払えなくても、治療をはじめることは実現できるようになりました。
イロイロな条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療をうけるという手段もあります。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには沿う簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収拾することに努めましょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。どんな治療でも沿うですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることは持ちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療方法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


当然、自分自身でも口腔内のケアをつづけなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療して貰うかです。
おもったより専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それでおわりと思って油断するのは禁物です。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
劣化指せないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけて頂戴。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。なので、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。



よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。



毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰うことが、インプラント維持のために必要です。インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大聞く歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診をうけるように言われます。
メンテナンスをうけるごとに支払う料金は保険が聞く治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいて頂戴。年々進化をつづけるインプラントの技術。近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、ご飯の際にグラグラと動いてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。


こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことのせいといえるでしょう。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればおもったより長く使えます。インプラント治療をうけようとすると、すべて自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。


歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れがつづくといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過一緒に落ち着くのが自然な流れです。


しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを忘れないで頂戴。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛菜
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる