トウネンと石黒

April 10 [Sun], 2016, 22:55
法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から男女の関係にいたることを不倫とよびます。
すなわち、法律上では、肉体関係を持っていなれば、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえないということになります。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。
浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。
それは冷静でいることが難しくなってしまうおそれがあります。
どんな人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが多く報告されています。
スムーズに物事を進めるためにも何よりも、証拠を入手するために、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。
探偵について、その特徴を考えると、人に怪しまれることのないよう警戒を怠ることなくいわば地道な調査方法を取りますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、先に自分の所属を明かして公然と調査を行うことが多いです。
探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と結論できそうです。
自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。
専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。
素人が調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。
でも、パートナーに詰め寄っても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件での離婚はできないでしょう。
そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。
 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で買うことができるかといえば、買うことができるのです。
一般的には、追跡グッズはGSP端末を使用されることが多いですが、誰でもネットなどで購入可能です。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも購入できるのは当然です。
浮気である証拠をカーナビによりつかめます。
カーナビから履歴を確かめ、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられる場合があります。
見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意する必要があります。
それに加えて、よく給油されていた場合、デートに車が使われているかもしれません。
相手に気づかれないで明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要となる機材や技術があります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠として扱われません。
浮気の調査を探偵に任せると、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないように客観的な証拠を撮影してくれます。
配偶者が不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、仮面夫婦と化していたり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど総合的に判断して裁判官の決定を待つことになります。
浮気調査で肝要なのは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。
不倫行為が確実ではない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次は不倫相手を調査となります。
仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、パートナーと不実を働いている相手を証拠として押さえるのです。
探偵による浮気調査の結果、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなると精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば二人が別れることは間違いないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホノカ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/esihgetngebabg/index1_0.rdf