エトピリカでオオカマキリ

February 22 [Mon], 2016, 15:00
妊娠できない原因として高温、低温が二つに分けられていないという事があります。


本来なら1か月で低温期と高温期が綺麗に分かれているはずで、これは正しく排卵がされているかどうかをチェックする目安にもなるのです。

基礎体温が綺麗に二層になっていないのは排卵障害がひそんでいる事もあると思います。女性の場合、妊娠中にdhaが足りていないと胎児の発育に大きな影響が及ぶ危険性が増します。神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を招いてしまうこともありこれが重篤だと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。


そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊婦になったら、一日でも早くdhaを十分に摂らなければなりません。



少子化が一つの原因となって、男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、今の日本の医学において100%の産み分け方法はないとされています。そのことを分かっていて、それにもかかわらず、チャレンジしたいのならば、後述の方法をやってみてください。
希望するのが男の子なら排卵日当日に、女の子なら排卵日の2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。dhaは妊娠初期だけ必要と考えられますが、、決してそうではありません。

事実、妊娠中期から妊娠後期にかけても胎児の発育を促進したり、母子を悪性の貧血から守ってくれたり、妊娠高血圧症候群になるのを防いでくれるなど妊婦さんには欠かすことのできない働きをしてくれるようです。ですので、授乳が終わるまでの間は、継続してdhaを摂り入れるべきビタミンなんですね。子供ができたときにdhaをあまり意識して摂取していなかった場合、赤ちゃんの健康に影響は出るのでしょうか。dhaはただビタミンなので、普通に食事をしていてもそこそこ摂ることが可能ですが、妊娠初期には特に胎児の脳や神経を形作るのにとても、重要な働きかけをしてくれる成分です。だから、妊娠中に良質なサプリメントなどでdhaを十分に補うことが大切になってくるわけですね。


あなたが妊娠を考えているならごはんはしっかりと摂取した方がいいそうです。とりわけ、dhaがいいのですが、dhaのほかにも摂らなくてはいけない食べ物がります。それはミネラル、鉄分などの栄養素です。選り好みをせず、栄養バランスを整えて食べることが、妊娠しやすい体を作ることにつながるでしょう。加工食品や外食を少なめにすることも、食事のポイントだと思います。私は、妊娠がわかったすぐ後でdhaが不足しないようにサプリメントを飲み始めました。
病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと強く言われましたが、いつまでサプリメントを飲めば良いのかについては結局聞きそびれてしまいました。



そのため、1袋飲んだところでサプリメントは終了にしていました。

しかし、産後の女性にもdhaが必要だとわかったのでサプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。



市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされるケースが多いです。
40歳以上でママになっている人もいるのだし、助成回数を増やしたほうが良いように思います。私はもうじき40歳ですし、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことが多くなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヤマト
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eshyonsserh3ul/index1_0.rdf