姫野のテンレック

April 25 [Mon], 2016, 4:21
介護士の場合は安定していると思われることが多く、ローンを組むことを考えている際、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。



ですが、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士についてはそうとは言えないことも多いです。

簡単にローンを組めるのは派遣などではなく、正社員として勤めている安定した勤務形態で働いている介護士について言えることなので、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。新卒ですぐに勤めた介護施設では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。



そういうサイトを見たり、本を探したりしながらこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。職業上、介護士という立場では喫煙者があまり居ないというイメージですが、いかにもその通りで、喫煙率は平均より少ないようですね。


介護施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している人が多い状況だと見て取れます。
結婚相手として異性から好かれる要素の多い介護士でも、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際のところ、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると言えますね。

結婚が遅くなる人に多い理由は、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、キャリアアップを最優先に考えるため、婚期が遅れるようです。



介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。
けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。

なお、介護士という職についていると、それなりに介護についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。介護士が外科に勤務する時の良い部分と、悪い部分について説明しましょう。
まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、介護士の成長に役立ちます。

良くない面を挙げると、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。
いま日本においては、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の外国人介護士候補生という方々を受け入れています。
ですが、候補生は日本語で出題される介護士国家試験を受験して、もし、3年以内に受からなかった場合、帰国しなければならないと決まっています。

勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。

すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。
その労働環境は厳しく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。

では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、ますます介護士の需要は高まり、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。ドラマのようには上手くはいかないのが介護士の仕事です。

通常業務のみでも大変忙しいのに加え、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。

けれども、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。直前まで愚痴を言っていてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。
介護士として、毎日激務をこなしているうちに、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考えるようになってもおかしくありません。全体的に見て、比較的忙しくないと考えられている病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。
とはいっても、介護施設にもよりますし、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。



不安や悩みを抱えている患者から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。

ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。そのため、うつ病を患う介護士も珍しくないのです。


中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。

介護士というものは毎日の勤務時間がばらばらであり、ハードな仕事内容であるということを理由にまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、案外、介護士資格はいろいろな職種において有益であるケースが多いのです。いくつか例を挙げるならば、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、着実にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。ということは、介護士に関してもさらに多く必要とされていますが、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。

ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。

人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。
転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接試験を受けることになります。

ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実務的なことの他に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり観察されることになるはずです。

人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。


主な介護士長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、それぞれの介護士に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、およそ750万円程度だと見られています。介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。
よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。そうはいっても、近年では介護士のユニフォームも変わりつつあり、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。



働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。
介護士の中には女性が多く、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。

他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。
自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも間違いではありません。介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。



このエッセンという言葉自体には、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。

一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、それが今まで細々と生き残って今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。

介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、介護士として全体的なものの見方が出来るようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、モチベーションが高まります。



皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。なので、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。



毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、それでも介護士が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。

多くの方が介護士を続ける動機としてよくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。


初任給で考えても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも高めだといえるでしょう。しかし、そのように高給をいただくということはその分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。
介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。
好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、実際に打たれるとしたら痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に注射してもらいたいですよね。
とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、上手な人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。介護士になろうと思ったきっかけは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに衝撃を受けたからです。
大人になったら、あんな職業をしたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。



辛くなってしまうようなことだってあるのですが、充実した日々を過ごしています。介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。受験生全体の介護士国家試験合格率は毎年90%前後のようです。試験内容自体が、学校で普通に勉強していた人だったら十分に合格できるものですので、特別に高難度な資格ではありません。
色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、つまるところ、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度職に就くことが可能だということでしょう。
理由として、介護士が専門職だからということと人手不足であるということが大きな原因といえます。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は時と場合により普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、それでも、殆どの人は介護機関で働いているわけです。

もちろん、その他のところでも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。


つまり介護士であれば、介護施設ではなくても働く場所も多いですから、自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。

介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、往々にして、好意的な印象を与える仕事であると思います。

とは言え、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士が働ける職場として実は、保育園があります。実際に保育園で働くとなると、子どもの世話が好きな方であれば、ぴったりの職場でしょう。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。

このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、内実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼ぎが多くなるという現実があります。
たとえばより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤がある勤務先を選択してください。

夜勤の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。


介護士の勉強をするための学校には介護系の大学または専門学校を選択する必要があります。



まず、大学はどういったところかというと、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点とより幅広く知識を修得できるということでしょう。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。

専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、そういった経験を生かして即戦力になれます。
さらに学費に関していえば大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/esenh7veqge3ny/index1_0.rdf