スペキオススシカクワガタの蘇芳

August 08 [Mon], 2016, 16:00
蟹の旬がいよいよですね。


私が毎年心待ちにしている季節です。
至高の蟹に舌鼓を打つべく、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、毎年この時期の習慣です。


私が毎年必ず足を運ぶのは、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、函館にある蟹専門店です。
蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を、店主が腕によりをかけて作っています。もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、通信販売でもかにが買えると知り、初めて思い切って注文してみましたが、あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、現在と同じように通販でかにを買えたとは驚きですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して受け入れられづらい状況もあり、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、味の方の保証もないわけですし、途方もなく無謀な試みに思えたものです。
ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。
味は私が保証します。



通販といっても様々な種類の蟹があります。

そんな中で、私が自信を持って皆様にオススメする種類は、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。確かに活きた蟹はもちろん冷凍より鮮度がいいのですが、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。

茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、一般家庭では大変なので、そういった下処理が終わっている状態の商品を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。

蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族に産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。でも、気をつけてください。
蟹は新鮮さ命です。


鮮度が損なわれれば、美味しさも損なわれてしまいますし、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。そうしたリスクを回避するには、鮮度や品質を大事にしている店かどうか、入念に確かめましょう。

また、相手のご家族が在宅している時間に届くように送ることも忘れてはなりません。

便利でお得な蟹通販ですが、蟹通販を利用することのメリットとして最も特筆すべきポイントは各地の漁場で水揚げされた新鮮な蟹をクリック一つで買えてしまう部分だといえます。一方、普通のスーパーで蟹を買う場合、蟹通販で届く直送品と比べると店頭に出る頃には鮮度はだいぶ落ちてしまっていたりします。こういう理由がありますから、美味しい蟹をお求めの方は漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが一番の正解だといえるのです。紅ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないとさんざん聞きますが、違う、と断言できます。

記憶をたどって、紅ズワイガニは全部おいしいものにあたったことがないとすればそれは気の毒です。おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、おいしいの一言に尽きます。

ただ、非常に鮮度が落ちやすいので誤解が生まれるのも仕方がありません。
現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。本記事でもその購入を肯定しているのにも、それなりの理由があるので、ご説明します。それは通販ならではの利点と言えます。
実店舗で購入する場合、蟹のグレードも値段も通常通りであり、代金についてトクをするのは難しいですよね。



通販と実店舗の違いはここなのです。
蟹通販ならば、普通の店頭では売り物にならないようなキズモノでも、安く買いたいお客様向けに「訳あり蟹」として売っており、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。
かに味噌を味わうなら、毛蟹が他を圧倒しています。特有のこってりした味噌こそがたまらないおいしさですよね。
もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ワタリガニの味噌も、またおいしいですよ。



脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。独特の味わいを楽しめます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メイ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/esecertclktyro/index1_0.rdf