自傷 

2005年10月03日(月) 18時58分
また切った

痛みが走る

でも流れない

痛みに比例して

赤も溢れたら

少しは楽に

成れるのに

流れないから

また傷付けて

無意味な作業

こっそり隠れて

後ろめたさを

必死に殺して

刻むこの痕

消えるコトは

もぉ無いんだね

犠牲になった



左手にどれくらい

刻めばこの想い

消えてくれるの?

 

2005年09月30日(金) 1時04分
無くした欠片を探しに行く

其の場所が判らなくとも

僕は宛ても無く歩いてく

未来とい漠然としたもの

きっと目の前にあるから

信じるしかないんだ、其れを

残った選択肢は、一つだけ

オモヰ 

2005年09月27日(火) 23時57分
透明なオモヰは
透明な侭消えた


アタシのココロの
まだ綺麗なトコに


   

其れだけ置いて
姿をくらませたよ



濁ったオモヰは
濁った侭消えず

アタシのココロに
消えてはくれない

   
   傷痕

残して何処かへ
逃げて行ったよ

壊レル 

2005年09月24日(土) 20時20分
握ったガラス瓶の破片

粉々に散らばった世界

拾い集めてみるけれど

繋げても、もぉ戻らない

アタシの眼に映ったモノ

全てが【夢】だったなら

何一つ壊れずに済んだ

 

2005年09月23日(金) 23時18分
掴んだアナタの腕は

余りにも細過ぎて

掴んだアタシの手は

咄嗟に力を弱めた

決して離さないと

決して放さないと

決めた貴方の腕


これ以上掴んだら

貴方の其の腕も

貴方の其の骨も

粉々に成る程に

力を込めて握り

苦しむ姿さえも

愛おしいと想ふ

寒気と眩暈が

アタシを襲い

朦朧とした侭

そうして終に

アナタの腕を

離し、ました。

放し、ました。

傷 痕 

2005年09月23日(金) 22時53分

切った腕の痕

酷く痛むから

傷付けたい


哂えばイイ

蔑めばイイ

見下せばイイ

嘲笑えばイイ


必死に耐える術は

とても惨めな姿だと

知った筈のアタシ


左の鈍い痛みに

必死に縋るアタシ


右が負った代償

きっと、ずっと不滅

願ヰ 

2005年09月20日(火) 20時10分

流した泪を綺麗だと言って

其の細く、長い指で拭って

唯、手を握ってくれるなら

これ以上何も望みはしない

破片 

2005年09月20日(火) 0時45分
闇が差し込んできた部屋

転がり落ちたガラスの瓶

大好きなモノを詰め込んだ

奇麗な世界のガラス瓶

気付いたら世界は散らばり

肌には怪しく光る破片の痕

一筋くっきり標す赤い液体

割れたガラス瓶

月明りに翳して

微笑み愛でて

赤の筋を撫で

目蓋を閉じて

今日に然様なら

変化 

2005年09月19日(月) 8時59分
好き

其れがいつからか

憎しみ

に変化していった


もぉ、前みたいに
純粋な気持ちは
アタシの中には
転がってナイみたい



アタシ・血・ココロ 

2005年09月19日(月) 0時20分
皮膚に滲んだ真っ赤な液体
綺麗に濁った生きてる証拠
舐めてみたら鉄の味がした

そんなもんが自分の体の中
駆け巡っているのかと思うと
妙に寒気がしたコト覚えてる

嗚呼、昔のアタシはこの液体
嫌っていたのだろうか・・・??

今のアタシは何処かで何かを
間違えて此処まで来てしまい
嫌いな赤の液体、自ら流して
生きてる喜び握り締めてる

酷く痛むのは血を滲ます皮膚よりも
悲鳴さえも押し殺してしまう"ココロ"

癒して欲しいのは手首の傷痕よりも
未だ閉じずに開いた儘の空のココロ
P R
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:escapism_xxx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる