光明寺 

2014年01月17日(金) 15時55分
散った紅葉がじゅうたんのようになった京都の「光明寺」。
京都の中でも人気の高い紅葉スポットです。
この「散りもみじ」を踏みしめながら歩くのはとても素敵です。
紅葉を全山で見られる上に、ゆるい坂道となっている参道の両側を覆うようにして立つ紅葉がトンネルとなり「もみじ参道」として

有名になっています。
京都で「もみじ寺」と言えば「光明寺」のことだと言われるくらい有名な場所です。
広大な境内に数百本もの紅葉があります。
総門からの二つの路。
石段になっている表参道は御影堂へ続いています。
ゆるいスロープになっている方が「もみじ参道」です。
どちらも紅葉のきれいな路です。
行きは石段、帰りはもみじ参道という流れで歩くことになっています。
石段はかなり続きます。
その間も、石段の上をきれいな紅葉が覆っています。
御影堂へついてそこから石段を降りると「釈迦堂」に続きます。
そこからもみじ参道へ向かって歩きます。
早朝に行くと、紅葉に朝日があたりさらにきれいな景色が見られます。

秋の特別公開があり、11月と12月にかけて御影堂や大方丈や庭園の拝観ができるようになっています。

拝観料は、通常期間は無料です。
紅葉の時期は、高校生以上は500円、中学生以下は無料となっています。
拝観時間は、9:00から16:30です。
周辺には、徒歩7分の距離に「真如堂」、徒歩30分ほどで「永観堂」があります。
永観堂から光明寺、真如堂、そこから安楽寺、法然院と周るコースがおすすめです。