石井ヒトシだけどツマグロオオヨコバイ

February 25 [Thu], 2016, 18:27
全国での看護師年収は平均437万円程度です。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の場合、その理由はこれまでに経験したことを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大事です。看護師の国家試験にパスするよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。看護師の資格を取るには、何通りかの方法があります。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強する必要があるのです。現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は増加傾向にあるのです。また、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しています。このような時は、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。看護師の職場といえば、病院と考えるのが普通でしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役目です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。看護師の国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格できる国家試験です。高校に進むときに衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いことが理由で勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことを指します。看護師といわれると病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。具体的な仕事、その果たす役割は働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守り、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても異なってきます。体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケイタ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/es0dlogesebnia/index1_0.rdf