メンズアパレルの四方山話

December 28 [Mon], 2015, 9:51
清涼感もある装いは、相手にプラスに印象付けることができますよね。その際に便利な基本的な洋服で代表的なのがらくだ色のチノ。多彩なトップスとよく合うので、幅広いスタイルに自然に取り入れられて役立ちます。
スポーツシャツはカジュアルな着こなしの中にも適度に大人びたムードを加える事が可能な商品。オーソドックスなアイテムなので考えなしに身に着けると周りと同じような出で立ちになってしまうことも。
ボウタイはベーシックなデザインのアイテムの他に色彩豊かな物も増えてきています。着こなしに合わせてセレクトできるので、様々なスタイルにボウタイを使えるようになりました。
ボタンが一列になったシングルブレストのコートにうんざりした人はボタンがニ列になったダブルブレストのスーツを取り入れるだけで随分イメージも違うものになります。ここだけ変えても偉そうに見えてしまうこともあるので念頭に置きましょう。
カーディガンを着ずに掛けると装身具とほぼ同様の役割を担います。そのため、トップスよりも鮮やかな見た目が効果的です。そうすることで装いに隠し味を加える事も可能。
取り外しもできる裏地になっていることも。これをライナーと言います。これはコートを選ぶときには大切な要素です。取り外し可能なので、秋、冬、春とロングランで活用することも可能です。
着用するものを探す際の重要な点が色使いですが、デザインは変わらないもので幾つもの色が用意されている商品も珍しくありません。いくつかのカラーを買って着回すのもありです。
雄々しいフィーリングがあるガンクラブ・チェック(二重弁慶格子)には女性らしさのある商品を合わせるのが秘訣。これなら普段の着こなしにもプラスしやすい。例を挙げるとパイピングやレザー調のボタンなどは相性が良いようです。
クラッチバッグとは手持ち部分のないバッグのことで、手に持って歩いている人も今日では再びよく目撃するようになりました。とは言っても近頃主流のクラッチバッグは昔とは少し変わっています。
ストールは幅広い用途で使えるのでちょっとした時に役立たせることができちゃいます。使い方が分からないと言った人も一回試してみると着こなしのバリエーションが広がるかも?
カーディガンを肩に掛けるスタイルではネックレスのようにアクセントに有用です。肩にカーディガンを掛けるなら、ポリエステルは着心地が悪いのでコットン等が良いでしょう。
ワンランク上を目指すならバングルなどを加えた場合のムードまでチェックしましょう。カーゴっぽい凹凸を活かすなら、首にストールを巻いたりするのがオススメです。
キレイめカジュアルのコーディネートにストールを取り入れるなら、ネクタイのように巻き付けると周囲と差を付けるコーディネートに。普通に普段使っているなら一回挑戦してみては?
ブロックチェックは軽い着こなしができるので多くの人が取り入れています。チェック柄は基本的にそれなりにきちんとしたイメージを与える物になります。ブロックチェックはそれとは異なり活動的なムードをプラスすることができます。
多岐の形や模様で展開されている襟シャツはそれぞれの季節に対応した商品を着こなせると素敵。組み合わせによって様々なスタイルが作れるシャツは複数枚持っておきたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erwt7eberiqnev/index1_0.rdf