お金と保険

January 25 [Sat], 2014, 20:39
保険業法(改正1995年)の定めに従って、いわゆる保険会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社に分かれて、どちらの場合も内閣総理大臣による免許を受けている者でないと販売してはいけないのである。
つまり「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」の3つの重要な機能をあわせて銀行の3大機能と称し、「預金」「融資」「為替」の基本業務あわせてその銀行の持つ信用によってこそ実現できているといえる。
信用格付機関による格付けを活用する理由(魅力)は、難解な財務資料を読めなくても格付けによって金融機関の経営の健全性が判別できる点にある。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能である。
有利なのか?タンス預金。物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分だけ現金はお金としての価値が目減りするという仕組み。すぐには生活に必要なとしていない資金であるのなら、タンス預金をやめて安全でわずかでも金利も付く商品にお金を移した方がよい。
【用語】ロイズと言えばシティ(ロンドンの金融街)にある世界中に知られた保険市場であるとともにイギリスの制定法で法人とされた、ブローカー(保険契約仲介業者)やシンジケートを会員としている保険組合を指す場合もあります。
タンス預金やってるの?物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、その上昇した分その価値が目減りする。だから当面の生活に準備しておく必要のないお金⇒安全なうえ金利が付く商品にした方がよい。
知っておきたい用語であるFXは、要は外国の通貨を売買することで利益を出す取引ですFXは外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが高いことに加え、為替コストも安い利点がある。FXに興味があれば証券会社またはFX会社で購入してみよう。

格付けについて

ここでいう「失われた10年」という言葉は、一つの国の経済や地域における経済活動が大体10年以上の長期間にわたる不況と経済停滞に見舞われた時代を意味する言い回しである。
つまり「重大な違反」かどうかは、金融庁が判断を下すことであり、ほぼ全てのケースでは、小粒の違反がけっこうあり、その関係で、「重大な違反」判断することが多い。
簡単に知りたい。バブル経済(世界各国で発生している)の意味は市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)の取引金額が行き過ぎた投機により実際の経済の成長を超過してなおもありえない高騰を続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
将来を見据えわが国内においては、どんな銀行でも、既にグローバルな金融市場や取引に関する規制等の強化もしっかりと視野に入れ、これまで以上の財務体質の強化、あるいは合併・統合等を含めた組織の再編成などに精力的な取り組みが始まっています。
一般的にペイオフの意味は起きてしまった金融機関の破産・倒産によって、預金保険法により保護するべき個人や法人等、預金者の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
抑えておきたいポイント。株式というのは、出資証券(つまり有価証券)であって、出資を受けた企業は株式を手に入れた株主への返済に関する義務は発生しないということ。もうひとつ、株式は売却によって換金できる。
この「失われた10年」が指すのは、国そのものであったりどこかの地域における経済がほぼ10年以上もの長期にわたって不況、併せて停滞に襲い掛かられた10年を意味する語である。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行のサービスは一部を除いて郵便局時代の郵便貯金法の規定による「郵便貯金」とは異なり、一般的な金融機関と同じ、銀行法によって定められた「預貯金」に沿った商品である。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kou
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erudition/index1_0.rdf