肝腎要<カンジンカナメ>

November 11 [Thu], 2010, 17:13
えー、先日回転寿司に行き、満腹になるまで食べてしまいました・・・
マクロビ脱線!!そして案の定

夜にクダシマシタとさ・・・

駄目ですねえ・・・まだまだ食欲の誘惑に負けてしまってます

この腹下し現象、大量の食物を腸内で正常に消化吸収する働きの機能を超えてしまった
結果だと思います(深く自分の腸に反省。)

お、そして今回のキーパーソンはずばり
肝腎カナメな『腸』です。


西洋医学では様々な分野に分かれて、皮膚なら皮膚だけに着目する治療ですよね。
しかし東洋医学ではそうではなく、皮膚の症状をまず「内臓の状態」でみる。
これは血液が腸内で造られると考えられている為だと思うのです。

この要の腸の状態が良くないと、腸管から余分なたんぱく質<痒みの原因になる物質>が
血液を巡って症状を引き起こす。
普通は汗や排泄で代謝できているものが、皮膚を通して余分物質を
排泄せざるを得ない状態になってしまっているというわけです。

はじめにこれを知ったときはあまりに理にかなっていて目から鱗でした。

農業一筋30年以上である赤峰勝人という方の本、『にんじんから宇宙へ』。
これも大変お勧めできる本なのですが、その本の中に
腸の栄養分を吸収する絨毛は植物で言う根っこの部分によく似ていて、
人間の表面は植物で言う葉の部分・・・・という節があったのが印象的でした。

そしてこの腸、食べ物が通過すると、わずかな傷ができるらしいです
アトピー根治につながる腸の回復にもっとも有効なのが
最近ダイエットで話題に上った『断食、プチ断食、小食』なのです!!

というか現代の日本人の多くが、食べすぎなのだそう。
お腹がすいてもないのに3食食べるのが常識になってますしね。
(実際そんなに運動しない人は2食で充分なんですって)

そんなわけで、この腸を健康にする小食方、
これがマクロビオティックを行う意図だったのです
マクロビはわずかな量(粗食)で栄養満点。
だからこそアトピー根治への正しい治療法だと思ったわけです。

そしてストイックに出来ず今だ脱線してしまう私にとっては
まだまだ遠い道のりかもしれません(笑)
でもだからこそアトピーやガンは、毎日の食生活癖がダイレクトに
出る病気なのだと実感している毎日です。

次回はマクロビオティックについて徐々にふみこんでいこうとおもいます
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えるたす
  • アイコン画像 誕生日:5月28日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erubix/index1_0.rdf