井上陽水だけど成田

September 02 [Fri], 2016, 10:08
経験のない業種に転職するのは難しいと思われる方が多いですが、実のところはどうなのでしょうか?結論を先にいうと異業種への転職はとかくスムーズにいくわけではありません。経験者と未経験者を天秤にかけた場合、採用担当者は未経験者を選ぶことは少ないです。ただ、どうしても出来ないというわけではないので、励むことによって仕事を変えられる可能性もあります。就職活動を成功させるためには、押さえておかなければいけないポイントがあります。


それが、就職にむけて活動する時の流れです。もしかすると、就職活動中に嫌なことが起こったり、人格を否定されたりするかもしれません。
ですが、流れにそってしなくてはいけないことをしていれば、就職活動を成功させることができます。逃げなければ、大丈夫なのです。



35歳転職限界説は、聞いたことがあると思います。この説によると、35歳以上だと転職することができなくなるというものです。まだこんな説が出回っていますが、本当に、そうなのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は今現在、有効ではありません。現在は、どの会社も生き残るために必死になっていますから、年齢だけで選定している場合ではないのでしょう。



中小企業は色々な経営上の問題を有しているため、中小企業診断士の資格を得ていれば、転職する場合にも有利になるでしょう。
中小企業診断士と呼ばれるのは、中小企業が有している問題を診断、解決したり、経営に関する助言を行う専門家ですので、経営コンサルタントと同様の役割だと考えて間違いありません。転職エージェントというところでは、正しい履歴書の書き方や正しい面接の受け方など、転職に関する助言をもらえます。

人生で初めての転職となる場合、分からないことはたくさんあると思うので、大いに役立つことだと思われます。そして、条件についての交渉や入社日の調整、面接日時など、元来、自身で行わなければならないことを全部を代行してもらえるので、手間のかかることをしなくてもすみます。

転職に強い資格を得ておくと、いざという時にも便利ですね。

そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。

TOEICとは、自分の英語力を証明する資格のことを指しています。グローバル化が進行している現在、ある基準を満たす英語力を有する人材を希望する企業の数が非常に多くなってきました。
どのような業界でも英語力の高い人材を求めているので、転職する場合にとても有利な資格だといえます。
業種にかかわらず、転職時の志望動機で必要なことは、仕事への意欲が伝わるような前向きな内容でしょう。


これまで以上に成長を可能とするとか、自分の持つ専門知識、技術を活用できそうなどの仕事への積極性が具体的に伝わるような志望動機をまとめてください。

できることなら、その企業の業種や事業内容、応募職種に合うようなきちんとしたそのためには、綿密な下調べをするのがお勧めです。



転職と言えば、自己PRに苦手意識がある人も多いですよね。自分自身の主張すべき長所や得意分野がわからなくて、上手に主張できない人も結構います。転職などのサイトで性格の診断テストを用いてみたり、周りの人に頼んで教えてもらうという方法も良いでしょう。



他にも、志望する企業に転職可能だったら、何に貢献できるのかを考えるといいでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yamato
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eru0ptiyhaorst/index1_0.rdf