議題はみんなの意見を求め

July 23 [Tue], 2013, 16:56
議題はみんなの意見を求めるので、誰の能当空軍の司令員、政治委員を見ます。この時の下に空軍の指導(者)に対してあまり信用しなかったため、空軍の司令員に対する候補者の問題、私達のみんなの意見はほぼ一致して、大軍管区から中央軍事委員会の人を派遣してくる任空軍司令員を頼みます。座談会の上で私も意見を発表して、断固として中央に人を派遣してくるように支持して、その上できるだけ1些近く、空軍のため数十万人の長い時間は主に駄目なことを指導していません。
この時、叶剣英は、空軍の司令員はきっと空軍から発生しますと言います。引き続いて、彼はまたいくつか典故を言って、またいくつかが免官して権力を奪い取る情況に関係すると言いました。あれらの典故の隠喩いくらか何、私はその時もあまりにわかっていませんでした。最後、叶剣英は、空軍の司令員はきっと空軍から発生しますと強調しています。それから、彼はまたみんなに言いたいことを思う存分言って意見を発表させます。私はその時空軍の建設がきっと大局から出発することを考慮して、叶剣英は何度も空軍の発生から空軍の司令員を強調して、きっと軍事委員会はすでにある程度考慮して、しかし私はやはり自分の意見を出しました。私は、空軍指導グループの古い成員、“文革”の中は衝撃を受けて、成鈞、劉震、トパーズの昆、張廷発などようで、この人たちはすべてすでに刑務所、農場から帰って来て、彼らの能力はすべてとても強くて、もし問題がないならば、この人たちはすべて空軍の司令員、政治委員になることができますと言います。彼らはすべて林彪、呉法憲の迫害を受けて免官されて権力を奪い取って続けたので、もし上は人を派遣しませんならば、彼らのこの人たちはすべて任に堪えることができます。私はその時この意見を出しました。
緊急に1973
年3月〜5月上京して、空軍党委員会は4期の5回の全体(拡大)の会議を開きます。その時のため空軍の情況は特殊で、今度の会議のすべての大軍管区はすべて指導者同志の参加を派遣して、会議は中央軍事委員会の副主席の叶剣英から司会します。これより分かるのは、中央は今度の空軍党委員会に対して会の重視の程度を拡大します。その時蘭州軍区空軍は楊煥民司令員と劉光の漢の副司令員が蘭空的代表に北京まで(へ)会議に参加するように連れるのでした。その他に、蘭州軍区は1つの会議もある、劉は政治委員を抑えて機関の部分の幹部を連れて蘭州まで(へ)軍区の会議に参加して、私に家で作業を司会させます。
あるこの時、航空兵の6人の師は1つの深刻な事故が発生して、1台は飛行機に滑走路の上の2機の飛行機にぶつかったように訓練して、損失はきわめて大きいです。私は直ちに空っぽな6の師に駆けつけてこの飛行する事故を処理します。あの時の蘭州軍区空軍の駐在地は蘭州で、蘭州の30キロメートルの小官の大隊までにあります。空っぽな6の師も蘭州で、蘭州まで数十キロメートルもある。その日の夜あって、蘭州軍区で会議をする劉月城鎮の政治委員は、明日の午前に空軍は1台の飛行機に来て、午後あなたをつないで北京まで(へ)行きますと私に電話してして言います。私は彼に北京まで(へ)何をすることかを聞いて、彼は彼もよく知っていると言って、知らせはこのように言います
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdge
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ert5/index1_0.rdf