博物館で装飾品の展示を見て

November 25 [Sun], 2012, 4:07
先日、ある博物館へ指輪という展示を見にいきました。そこには有名な美術作品や装飾品などが展示されていて会場でもたくさんの人がそれを見に来ていました。指輪の作品の展示だったのですが、他の装飾品もかなり展示されていて日頃見慣れない金細工や宝石を見ました。古い時代の物から現代のものまでありその頃も今もデザインだけをした人の発想の面白さや作り上げた人の仕上げの細かさなどを見てすごいなと思いました。

特に昔は今のような機械は無くすべて手作業だったはずなのですが複雑な形も綺麗に仕上げられていることや細かい作業まで完璧な形で完成されていることに感動しました。と宝石は加工することでかなり輝きを増すことや、古い時代のゴールドの装飾品の保管状態がいいのでかなり綺麗なゴールどのまま見ることができたことに感動しました。趣味で金属の指輪や首飾り等を作っている友達がいますが、見ていると作業も細かくて1つの物を完成させるのに長い時間をかけて仕上げているようです。

でも磨き上げる作業などは金属をつなげたり磨きあげたりするのにはコンパクトな機械を使って作業を短縮させているようです。とても綺麗でいくつかプレゼントにもらったこともあるのですが私には真似できない細かい細工で大事に使っています。友達の作品もそうなのですが、博物館での展示の指輪や装飾品にもデザインにいろんな思いが込められていたりその形にたくさんの意味があったりしてこだわりのある物がほとんどで作る人の心のこもった物だということがわかって楽しい展示でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちっち9878
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erogrwa88/index1_0.rdf