車両保険の加入などムダがあれば省く

July 27 [Sat], 2013, 9:07
車両保険の加入などムダがあれば省くことで保険料の見直しをしましょう。
自動車保険というのは、掛け捨て型となっていて、万が一の事故が起きたときは、加入していてよかったと思うものですが、何も起こらなかった場合の時は、ちょっと損した気分になってしまいます。
もちろん、万が一の時のリスクを負わないように加入しているだけなので、何もないのが一番良いのですが。

しかし、年間の自動車保険料は結構な額になり、家計を圧迫する一つの要因となっています。
そこで、保険内容の見直しをして、少しでも保険料を安くする努力をしてみましょう。

車両保険は、大抵の場合、一般車両保険と呼ばれている、自己責任並びに自然災害などについても補償されるものに加入しているものです。
しかし、自然災害と言っても、いつ起きるのかわからないし、起きたとしても被害に合うかどうかはわかりません。
そのため、その補償範囲は必要でないと感じたら、補償範囲を削っているエコノミー+限定Aやエコノミーを選ぶことになり、その分保険料が安くなります。

また、車両保険の自己負担額を0円にするのか、少し負担するのかによっても保険料は変わってきます。
このように、車両保険の補償範囲・内容をしっかりと理解して、自動車保険のムダを省き、保険料を少しでも安くしていきましょう。

限定内容で自動車保険の見直し

July 21 [Sun], 2013, 10:47
限定内容で自動車保険の見直しをしてみませんか?

自動車保険に対して、いまだに高い保険料を払っている人も多いのではないでしょうか。
自動車保険は、基本掛け捨ての保険なので、万が一の事がない限り使うことが無い保険です。
そんな保険にムダにお金を出していると、家計を圧迫してしまいます。

そこで、自動車保険の限定内容を見直して、保険料を少しでも安くなるように工夫してみましょう。

保険会社も、加入者を増やすために、いろいろと努力をしていて、ここ最近は、「リスク細分型」と呼ばれるスタイルが主流となっています。
これは、車両保険の補償範囲をより細かくすることで、契約者である私たちが必要な保険内容を選択することが出来るということです。
これにより、不必要だと感じている部分を削ることが出来るので、保険料も安くすることが出来ます。

他にも、運転者限定というものもあり、運転者が本人のみなのか、他の家族も運転するのかなどを選択することが出来ます。
もちろん本人のみに限定する方が安くなります。
また、運転者の年齢も運転する可能性がある人を対象に選ぶことが出来ます。
もちろん、年齢が上に行けば保険料が安くなります。

このように、いろいろと限定内容を見直していくことで、自動車保険の保険料を見直すことが出来るので、契約更新の人や新規で契約する人はしっかりと見極めましょう。

設定や特約で自動車保険の見直し

July 06 [Sat], 2013, 18:34
設定や特約で自動車保険の見直しをして、保険料を少しでも安くしてみませんか?

自動車保険というのは、毎年支払うもので、結構な額になります。
もちろん年齢に応じてや保険を使用しなければ、年々安くなっていきますが、それでも家計に占める割合はそれなりのものになります。
そこで、保険料を少しでも抑え家計の負担を少なくする方法を調査してみました。

まずは、実際に車を運転する対象者を絞ること、例えば、本人のみもしくは夫婦のみなどに設定することです。
この時、年齢設定ができる場合もあり、できる限り若年の人の運転を避けることが安くなるコツです。

次に、無事故や無違反の証拠でもあるゴールド免許を持っているかどうかです。
もしゴールド免許を保持していると、それだけで保険料が安くなります。

他にも、年間の走行距離やABSやエアバッグと言った車の安全装置などが装備されているか、などを対象とした特約があります。
これらは、保険会社から説明をされることもありますが、詳しく説明してくれる人とそうでない人がいたりと、結構バラつきがあります。
なので、これらの設定や特約の見直しをして、自動車保険を節約するには、こちらも保険の事をもっと勉強しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ernay901
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ernay901/index1_0.rdf