敬(けい)でノンタン

August 15 [Tue], 2017, 11:20
葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。



では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿とか汗で流出します。

そのため、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

サプリ等で葉酸を摂取するときには、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということがずいぶん定着してきました。

お腹の中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、母体の健康を保つという観点からも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。それでは、いつ必要になるのかと知りたい方もいると思います。



葉酸の需要は、妊娠直後がピークだと言えます。


出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。

不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。


40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。


今年で40歳になる私ですが、体力と時間とお金のことばかり考えて、落ち込むことが多くなりました。ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、上手にサプリメントや強化食品を使って毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。


そして、妊産婦や授乳中の女性などで多くの葉酸摂取を求められていても摂取できる葉酸の量が、食事だけでは所要量に満たないとき、あるいは鉄分の補給だけでは治らない貧血の治療で大量の鉄分補給と並行して集中的に注射で投与することも考えられます。

女性の場合は妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。
理由はなんなのかというとどの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて妊娠しているという認識がまだない時期に、お酒を飲んでしまい胎児がその影響を受けてしまうことを防ぐためです。
それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、冷えを引き起こす原因となるため、妊娠しやすい状態であるためには飲まない方が賢明です。



妊活においてぜひ普段から実践していただきたいものが、歪んだ骨盤を整える事です。近年は、妊活ブームもあってか体への負担が極力少なくて済む体操などを紹介する動画が増えているようです。



子宮や卵巣などの大切な器官は骨盤が支えているのです。


ですので、歪んだ骨盤の位置を正常に整えて、血行を良くすることで妊娠に適した体になるという訳ですから、妊活中の骨盤矯正の重要性が分かると思います。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、1年くらい経ってやっぱり子供が欲しいと思い、そこから妊活を始めました。
身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を治そうと運動することを思いつきました。



その結果、新陳代謝が良くなったためか、低かった基礎体温が上がり、冷え性が改善したんです。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することがお勧めです。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸も効率よく働けるという訳です。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。


一口に葉酸の摂取といいますがその方法は実に多様です。いつでも誰でもできそうなのは食事から葉酸を摂ることでしょう。
現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため通常の場合はともかく、妊婦にとって必要な量を食事だけで摂ろうとすればよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。毎日きちんと葉酸を摂るためにもサプリメントや錠剤、強化食品などで補うのが良いでしょう。飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があると知られています。


十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優希
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる