何故? 

November 29 [Tue], 2005, 1:38
何故そんなにあたしに優しいの?
こんなに汚くてずるい人間なのに。
貴女がねあたしに何かしてくれるだけで心がね、胸が一杯になってね色々なこと反省するんだ。
だから今回のことも反省。
どうしてなのかな?
本当に優しくてね、大好きなんだよ。
自分では優しくないって言うかもしれないけど。
少なくとも貴女はあたしに優しい。
よくしてくれる。
考えてくれる。
気持ちを理解しようとしてくれる。
同じ目線から同じ考えで接してくれる。
あたしのなかで貴女の存在は大きい。
距離を縮めたいと思ってしまう。
けれど今の距離だからこそうまくやれてるのかもしれない。
どうなのかな?
でもいつも近くにいて欲しいと願ってしまうんだ。
会わせて欲しいと願ってしまうんだ。

さぁあたしの前で笑ってよ。
幸せな貴女が見たい。
笑ってる貴女が。

許す勇気も必要だね。
腹黒いところもあるよね。
人間だもん。
汚い所だってあるよね。
人間だもん。


色々沢山のこと見失ってたよ。












ありがとう。

自己管理。 

November 28 [Mon], 2005, 0:54
ノイブラの中北さんが日記で言ってたんだけどね、今まで生きてきた中で好きな人はほとんどで嫌いな人なんてほんの数人だって。
確かに!納得!
あたしの周りも、これを読んでくれてるあなたのまわりにもほとんど大好きな人たちなんだよ。
そう考えると自分はなんて幸せなんだろうって思えませんか??
今日はそんなことを考えていたよ。

だがしかし悲しいことに本当に最近あたしに嫌いな人No.4が出来てしまいました。
でもその人にもいいところも悪いところもあるのさ。
それはわかってるのさ。
嫌いな人が出来るなんて結構珍しいと思うよ。

ってなんだ、この日記。

変わりゆくもの。 

November 26 [Sat], 2005, 12:03
君は変わってしまいました。
きっと君から見たらあたしも変わったのだろう。
けれどね、君の変わり方は突然で良い変わり方じゃなくなってる。
ひねくれの道へ進んでる。
そのままじゃあたしになっちゃうよ。
昔のあたしに。
周りが見えてない。
夢中なんだよね。
わかるよ、わかるよ。
あたしもそうだったし、周り見えてると思っていたもの。
だけど見えてないよ。
君には悪い方向へ進んで欲しくない。
悪い子になってほしくない。
全部が全部彼のせいとは言わないけれどやっぱり君は彼と関わってから変わってしまったよ。
あたしの好きな君じゃない。

だけどとめられない。




どうしたらいいのか。

変わってしまうのが嫌なんじゃない。
悪い方向へ進んでいく君を何もせずに見ていられないんだ。

どうしようか。

無意味。 

November 24 [Thu], 2005, 23:05
すぐ答えが知りたくなる。
すぐ人に求めてしまう。
あたしの長所でもあり、短所でもある。
自分で考えることしなくなるんだ。
それじゃなんにも進歩しないのにね。
自分で考えたり調べたりすることに意味があるのに。

最近あたし鬱じゃない??苦笑
つーか病んでる。。。自己嫌悪だね。
まぁ自己嫌悪も必要だよね。
気楽に行きたいな。

あたしはあたしらしく。。。ね?

大嫌い。 

November 21 [Mon], 2005, 22:02
あたしは大嫌い。
もうしゃべりたくない。
しゃべらない。
あたしを敵にしたら結構怖かったりもするんだね、これが。笑

夢の中で。 

November 21 [Mon], 2005, 21:56
夢の中であたしたちは幸せだった。
夢の中であたしたちは笑っていた。

だけど現実はそうもいかないみたい。
ごめんね、できないみたい。
あたしできないよ。

感謝してるのに憎んだりしてる。
矛盾してるんだ、あたし。
そんな中途半端な奴なんだよ。

夢の中であたしたちは幸せだった。
夢の中であたしたちは笑っていた。

いつになったら笑える?
いつになったら本当の意味で幸せになれる?
それは神様にしかわからないこと。
それはあたしたちにはわからないこと。

現実世界であたしたちは幸せだった。
現実世界であたしたちは笑っていた。

いつかくるよね、いつかくるんだ。
そんな日が。

本当にありがとう。

仲良し。 

November 14 [Mon], 2005, 21:24
あたしが思うに本当の仲良しってお互いのことわかってることのこというんだと思う。
あたしの仲良しな人間は学校では2人、世の中には4人いると思ってる。あ!同姓でね。
そいつらには何でも話せるしあたしも相手のこと理解してるつもりだ。
昨日その1人と喧嘩というかいざこざがあった。
お互いが誤解したり近い存在だからこそ言えなかったことが重なってきまずくなってしまった。
今朝一通の手紙を渡した。
あっちから返事が来た。

悪いところ・勘違いしたところあってお互い謝った。
ごめんね。って。

よかった。
お互いのこと思ってしまうからこそ気使ったり勘違いしたり思い込みしてしまったりするんだね。
今回はもっともっと話す機会が必要だったと思う。
だけどまた一歩前進。
またそいつのことが知れた気がする。

めでたし、めでたし。

気持ち。 

November 13 [Sun], 2005, 22:48
嗚呼KENSUIの歌に癒されてるよ。

闘わなくちゃいけない。
自分自身と、相手とあいつと。
絶対負けちゃいけない、そんなプレッシャーな試合。
あたしには自信なんてないけれど全てを出すだけ。
そうなんだよ。






君はもうわかってるんじゃないかい?
何を、どんな感情が君をそんなふうにさせる?
あたしのせいかい?
あたしのせいなんだね?
嗚呼あたしは君一人のことも理解してないなんてなんてひどい人間だろう。

あたしの気持ちわかってなんて言わない。
言えない。

だからちゃんと答えが出たら言うよ。
正直に嫌われても良いから。
関係が壊れても良いから。
だって君の事好きだから。


僕の精一杯の優しさをあなたが受け止めるはずもなく
こんなことは今までなかった
僕があなたから離れてゆく
LOVER SOUL/秋の気配


本当は離れたくないんだ、わかってくれ。

希望。 

November 09 [Wed], 2005, 21:17
もう見ることのない。
もう光ることのない。
もう揺れることのない。
もう惹かれることのない。

そんな景色。
そんな情景。
そんなビジョン。

それはわかっていたよ。
あの日から。
あのときから。
だけどうまく受け止められないよ。
うまく言えないよ。

ただね、心が空しい。
そう、からっぽ。

大切だからこそ握り締めていたいのにね、手離しちゃったみたい。
ごめんね。
ごめんね。

そしてもう逃げ足の速い蝶のように自由を手に入れたようにあたしから離れてく。
もう手の中には入らない。

もう見ることのない。
もう光ることのない。
もう揺れることのない。
もう惹かれることのない。

そんな景色。
そんな情景。
そんなビジョン。


ねぇ今笑っていますか?

特別 

October 30 [Sun], 2005, 0:08
今日は特別だから日記書きます。

自分は素直じゃないです。
いや、本当に。
嫌です、嫌いですこんな自分。
だけどそんなあたしをすきだって言ってくれる人が沢山います。

でもなんであたしはアンナにちっちゃいことやくだらないことでスネたり落ち込んだり嫌になったりするのだろうか?
まさに今、そんな感情ですが。。。

素直じゃないし純粋じゃないし価値観も違うし似てないし。。。とか考えるとキリがない。

あたしはあたしだからいいはずなのにどんどん自分が嫌になって誰か他の人と替わりたいってすごいくだらないことかんがえてしまう。

幸せは怖い。
麻痺してしまうよ、この幸せに。
この幸せが当たり前になって欲望だけが先に進んでゆく。
壊れたくない。

あたしはどう強くなっていこうか。
優しさにこのまま甘えていくのは嫌なのに甘えてばっか。
わがまま言ってばっか。

もう果てよう。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eritsuwin74
読者になる
Yapme!一覧
読者になる