仮面ライダーカブト第3話感想メモ

2006年02月12日(日) 10:09/ 特撮・アニメの話
仮面ライダーカブト第3話放送。ウメコを演じた菊地美香さんがスーパーヒーロータイムに帰ってきましたよ

アリカ・ユメミヤ(舞-乙HiME)の元気のある声も良いですが、アニメ系だけではなく顔出しのドラマでもしっかり活躍されているのは素晴らしい限り
美香さんが演じているだけあって華がありそうなキャラクターだったので、1話限りのゲストではもったいない。今後もユキ役でたまに出て欲しいところです。

▽以下、印象的だった点

・二人のユキ
久々にスナッチャーが出現(違)。ワームが擬態したユキとホンモノのユキ。私はてっきり警察に捕まった方がホンモノだとばかり。この辺りの謎解きは推理ドラマのようで、それを天道が見事に正体を見抜いて解決するシーンはスカッとしました。

・サバの味噌煮がとても美味しそう
魚より肉派ですが、天道がうんちく語りながら松輪サバをウマそうに食べているのを見るとステーキのような高級料理にみえてきます。このまかない料理を裏テーマにしているのは、ハードなドラマの中にあってアットホームで良い感じ
・仮面ライダーカイザ=草加雅人(村上幸平さん)も帰ってきた
こちらは東映公式サイトを見るまでまったく気がつきませんでした。ユキのデートの待ち合わせ相手だけってのは地味というか、これももったいない。もうちょっと出番があっても良かったんではないでしょうか。

『世界は自分を中心に回っている。そう思った方が楽しい。』
天道は超ポジティブですね。彼のキャラクターはビミョーにユルい雰囲気で、見ていてイヤミが無く爽やかです。

・遊園地でハデにワームと戦うカブト
遊園地(よみうりランド?)でのバトルはいろいろなシチュエーションがあって、やはり見応えがあります。クロックアップで時間が止まっている間に、ホワイトキャニオンのような木造巨大コースターから落下したお客さんを、メリーゴーランド上へさりげなく助ける場面とかは、カブトならではの面白い演出で、チビっ子にウケそう。

・再びワームが現れて次週へ続く
きっちりと1話完結ではないものの、ラスト直前に謎を見せてひっぱる、アザトい煽りシーンばかりだった過去の平成ライダーほどではなく、ストレートでスカっとする展開が多く見やすいです。
バトルシーンが多めだったので、フラストレーションが溜まることなく楽しめました。
URL:http://yaplog.jp/erisama/archive/561
P R
気になるGoogleニュース
ブログ内ワード検索
Google
このブログ内から検索
すべてのWebから検索
オススメお買い物リスト

平成の懐かしテレビ欄を収録!

ザ・テレビ欄 2 1991~2005

ザ・テレビ欄 2 1991~2005

昭和の懐かしテレビ欄を収録!

ザ・テレビ欄 1975~1990

ザ・テレビ欄 1975~1990

▽藤子Fアニメの主題歌CD

藤子F不二雄 テレビ・アニメ作品集

藤子F不二雄 テレビ・アニメ作品集

▽あなたのハートにテレポート!

エスパー魔美 DVD-BOX 上巻

エスパー魔美 DVD-BOX 上巻

▽ほいでもってチンプイ★いいことあるよ♪

TVアニメーション「チンプイ」メモリアルDVD-BOX【期間限定生産】

「チンプイ」メモリアルDVD-BOX

2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ
プロフィール
管理人へメール
[ページの上部に戻る]