西洋のドラゴンやワーム

April 17 [Thu], 2014, 16:00
日本語でのこびと、妖怪、竜(西洋のドラゴンやワーム)、仙女、魔女にあたる[1][2]。狭義ではイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、ノルマンディー地方などの神話・伝承の精霊や超常的な存在を指し、広義には他の国・地方・民族の同様の存在、たとえばゲルマン神話のエルフ、メソポタミア地域のリリス(lilith)、インドおよび東南アジアのナーガ(naga)などを含む[3]。 人間に好意的なもの、妻や夫として振る舞うもの、人にいたずらしたりだましたり、命を奪おうとするもの、障害として立ちはだかるもの、運命を告げるものなど、さまざまな伝承がある。コティングリー妖精事件の後は、絵画や文学の作品中で羽をもつ非常に小さな人型の姿で登場することが多い。フェアリーという言葉は「運命」を意味するラテン語に由来する。世界中のさまざまな神話や伝承に共通する面が見られるのと同じように、同様のフェアリーが類型としてさまざまな名前や姿形で異なる地方、民族の伝承にあらわれるフェアリーの起源にはさまざまなものが考えられ、被征服民族の民族的記憶、異教の神や土着の神が神格を剥奪されたもの、社会的に差別・追放された人々を説明するための表現、しつけのための脅しや芸術作品の中の創作、などが挙げられる。小さい姿に描かれたり、遠い場所に行ってしまうといった話は、意識の中で小さくなってしまった存在であるということを表している。 神格剥奪のプロセスにおいては,ユダヤ?キリスト?イスラム教における天使,堕天使(いわゆる悪魔)の由来と同様のものもあろう。おもしろゲーム初歩的な攻略について記述します。
少しでも初心のプレイヤーの方の助けになれば幸いです。
ただし、ただの経験則や、主観的なデータに基づく(そうせざるを得ない)方法も多く書いています。
ここに書かれている方法が仇となるケースも有り得ますので、最後はご自身の責任で判断して下さい。
また、ここに記述している以外にも攻略の方法は多数あり、人それぞれ好き嫌いもあります。
ここにある方法でのプレイを強制するものでもありません。
また、極力課金せずに済む方法が中心となってしまいましたが、課金を否定するものではありません
また、せっかく入手したエルフェをバトルで奪われず、確実に合成に使うようにするためには、
こういう事も考えておきたい。
合成作業の直前にログインボーナスを開封(未開封での保持可能期間が30日であることには注意)
バトルの回避
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:erigon
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erigon4087/index1_0.rdf