MRI第二号 

2010年07月09日(金) 19時00分
始めて腫瘍の事を知って、ちょっと現実逃避をしてたとき、
友達に、みんなに祈ってもらうね!
って言われて、すごい励まされた。
エリもみんなにお祈りのお願いしようかな?
って思ったけど、
神さまにもっと私を信頼しなさい!もっと私に頼りなさい!
って言ってる感じがして、エリがもっと祈らなきゃいけないんだ、
人に頼むんじゃなくて、エリがやんなきゃ!
って思った。
でもそれを、大切な姉妹に、言ったとき、祈りを頼むのは、人に頼んでるんじゃなくて、
人を通して神さまに頼んでるんだから、それはお願いするべきだよ、
ってアドバイスを受け、思い当たる兄弟姉妹にメールした。
そしてたくさんの返信、祈りのメールを頂き、神さまの家族の不思議な暖かさを感じた。
この不思議な祈りの関係に与れることに感謝

みんな、心からありがとう。


今日はアップデートです。

受けてきました、二度目のMRI!
前回のMRIではとてもとても恐い思いをしたので、ドキドキして行ったけど、
今回の先生はとても優しく、事前にいろいろと教えてくださり、とてもリラックスして受けれました。
よかった :-) 
これ、実はとても恐くてずっと祈ってたから本当によかった。感謝です


そして気になる結果は、前回と比べ腫瘍が大きくなってなかった!
感謝です。
本当に感謝です!!



そして、今日は今通院している病院の脳外科の部長さんという方に会ってお話を聞く日
待って待って待って、やっと先生との初対面。
なんだか偉い先生オーラを出していている先生だった。

先生: 「手術はしてもしなくても良いけど、ま、した方がいいね。できるだけ、早くした方が良いね。」
先生: 「どの手術にもリスクはあるが、この場合聴力と顔面神経だね。 聴力と顔の神経は諦めてもらはなければいけないかもしれないね。」
先生: 「あと、左の目がちゃんと閉まりにくいから、乾燥したら、角膜炎になる可能性があるから、目薬よくさしてね」(ひぇー目薬します!)

母: あの、その場合はこちらで手術をお願いできるのでしょうか。

先生: 「私が担当しても良いですよ。その場合、一番早くて8/5ですね。」 (→エリの誕生日…)
先生: 「でも、他の先生にオペをお願いしたいのであれは紹介状は書くよ。」 (でも、ちょっと嫌そうだった)
先生: 「福島先生にオペしてもらいたいってアメリカ行きたいなら、それはそれで書くし」(エリから福島先生の名前を出してないのに、出てきた…)
先生: 「とにかく、自分でどうするか決めて連絡して。」

エリ: 腫瘍が良性か悪性か今回のMRIで分かりましたか?

先生: 「まだ良性か悪性かはわからないけど、ここにできる腫瘍の多くは良性だよ。」
    「それより、私が心配してるのは神経線維腫症でないか。普通は遺伝性だけど、突発性の場合もあり、脳に腫瘍ができやすい人の事を言う。ま、それであったとしてもなかったとしても、腫瘍ができたら取るだけなので、別にどうってことないんですけどね。」

エリ: 「今回のMRIで腫瘍がどの神経にできてるかは分かりますか?」

先生: 「それは開けてみるまでわからないね。でも、ここにできる腫瘍のほとんどが聴神経腫瘍なので、たぶん聴神経腫瘍でしょう。」

エリ: 「難しいオペですか?」

先生: 「私はそんなに難しい手術だとは思ってない」 (えっ?そうなの!?)


結局、脳外科の先生には福島先生にメールしたことは言えず、
でも、前回の担当の先生にはとても難しい手術と聞いていたから
そんなに難しい手術じゃないと聞いて、ちょっとホッとして診察室を出た。




次に耳鼻科の診察へ
麻痺、めまい、聞こえのチェック。
いつもかかってる耳鼻科の先生はとてもフランクで、エリの質問に対しいつも真剣に答えてくれる。
だから、色々と聞きやすい。

その先生に脳外科の先生に言われた事を伝えて、福島先生にメールした事も伝えて、一番聞きたかったことを聞いた。

エリ: 「そんなに難しい手術じゃない」って聞いたんですけど、そうなんですか?
耳鼻科H先生: 「何を基準に難しくないって言ってるかが問題だよねー。命に別状はなく、ただ腫瘍を取ってしまえばいい、と考えるなら簡単な手術であるけど、その場合、神経ごと取るっていう意味だと思うな。だから、聴力と顔面神経は諦めなければいけないかもしれないって言ったんだと思う。ま、先生が言った通りだよ。」

…なんか最後に言葉を濁してたけど、本当にエリの理解してた事と違っててビックリ。

ガビーン。
それは嫌だ。聴力はまだ良いけど、顔面神経は絶対に諦めたくない。。。
だって笑いたいもん。

一生笑えないの絶対嫌だし、
英語教えるのに笑えないと教えれない。
ジェスチャーできない。
パピプペポ言えなくて、「パピー」が「ファフィー」になったりするもん。


でも、これはあくまで耳鼻科のH先生の解釈。
自分でちゃんと脳外科の部長先生にもう一度アポを取って確認しに行こうと思う。
あと、それ以外にも信頼してオペをお願いできるお医者さんを探したい。
というか、与えてください神さま。


神さま、どうしたらいいんだろう。
なんかオペは一番早くて、、、8月、、、ってお医者さんが言ってた時 
まさか誕生日じゃないよね?神さま?って言った瞬間
5日って言われて、
ふぃ〜どうゆうことですか?
お医者さんこの人って確信を与えてください。
だって、わかんないもん。



神経線維腫症T型(レックリングハウゼン病) http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/050.htm
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エリ
読者になる
今はハワイ大学でステキな先生を目指して勉強中。産まれは北海道、育ちは南国バンコク、テキサス、それにマニラ。暖かいところでぬくぬくと育ったせいかとてもマイペース。このブログは2008年のthanksgivingの日に大好きな友達Julynnと作成! 毎日がthanksgivingのみたいに常に感謝の気持ちを大切にできますように。
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE