2・桜

September 27 [Thu], 2012, 19:19


ーーーーーーーーー

学校生活も、2日目。

ゆーかと、かおりが居るから
少しは安心だ。

私の席は窓側。
このクラスは、特別で、名前順ではなく、身長順に席が並んでいる。
黒板の見えやすさが関係しているのかな?
なんて、私的には疑問なのだが、とりあえず
窓側の席だったことに感謝した。

私は、なんといっても天気の子だ。
どういう意味?って、今までの友達には皆聞かれた。


説明しても、分かってもらえない場合が多いが
とりあえず
雨が降ったら気分が落ち着き、晴れの場合はとてつもなく元気なのだ。

また、雨が降ることも、予想でき、
季節の変わり目は、においでわかる。

皆、これだけのことで私を不思議ちゃんと呼んだ。

私って不思議ちゃんなんだ…。
って、内心わらいながら過ごしてきた。

「桜、きれいだね…」

その言葉は、あきらかに私へ向けられたものだった。

「えっ…?」

『桜、すきなんでしょ?』

「はい…。」

何?私は、内心焦った。
心の中で思っていたことを、口に出したのかと思ったからだ。

でも、相手は全く気にする様子もない。

『桜は、日本の心の片隅に必ず存在しているからね、
日本の和の起源だよ』

「うん・・・?」

最後の方が分からなかったが、
子の子が真の不思議ちゃんかな・・と私は思った。




この光世との出会いがまさかここまで運命を揺るがすとは思ってもみなかった。


ーーーーーーーーーーーーーー

2回目になりました。

この「桜」の謎発言をしたのは
男の子です
勘違いしてませんよね?

今回は短いですが、日々頑張って書いていきます☆彡
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蝶蝶ーちょうちょー
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erieri0518/index1_0.rdf