就活を終えて思うこと。

September 16 [Fri], 2011, 23:57

1217日。


これは、「将来進みたい道に向かって進みはじめた日からの日数」だ。


高校3年生の時に、先生になれる資格を取れ、マスコミ就職に強い大学に入ろうと決意し、
いざ大学に入ってから最初の一歩を踏み出してから、実に1217日が経った。


今まで、これといって苦労もしたことがなかった自分としては、
就活はものすごくいい転機になったと思う。

こんなに真剣に自分のことを見つめる時間なんて、今までなかったから。
自分のことだけじゃなく、人との関わり、ものの見方、自分の偏った考え。

全て消化は出来なかった。
今でも迷うことがたくさんあるし、終わってしまえば無茶苦茶なことをやっていた気もする。


まだ自分の体験していなかった手段を通して、自分が今後何をしていきたいか。
そのプレゼンテーションをするために、色んな人と会って、話して、考えて、を繰り返す。



私が自分に足りないと思ったのは、想像力と楽観性だった。


ちょっとした人と関わるときに働かせる小さな想像力の連鎖から、
大きな夢を描くためのスケールの大きな想像力まで。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えりぴん
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ericm20/index1_0.rdf