海に行ってきました 

August 15 [Mon], 2005, 13:32
西伊豆、戸田に行ってきた
もちろん朝3時発ちで、寝ずの道行きだ。
私は今回は海底散歩がメインではなく、前から行きたかった「タモさんのお店」に行くことがメイン(爆)
帰りにタモさんがヨットを置いているマリーナの敷地内のお店に行ってきた。
明るいテラス風のお店はモンじゃ焼き、鉄板焼きのお店だ。
タモさんはいるかなあ〜と覗いてみるといたいた!奥で知人らと真っ赤い顔で楽しそうに談笑していた。
タモさんはトイレから帰った時私ら一行のテーブルに来て、ニヤッツと微笑んで会釈して下さったので、慌ててこちらも会釈し返した。
とても優しげで腰の低い紳士だなあと思った。前にディズニーランドで遭遇した、所ジョージとは大違いだった。
ファンが多いのがわかるような気がした。
MENUはもんじゃ焼き、お好み焼きが中心で私たちは10種類以上食べ尽くした。
タモちゃん餃子が美味でした。ジューシーでカリっとした食感がGOODだ。
注文しなかったが、タモさんが考えた「おこげもんじゃ」などユニークなものが多数あった。
また今年中にもう一回行こう!!と友人と約束したのだった。
画像はもんじゃの太助スペシャルです。

最近の美容室 

August 07 [Sun], 2005, 21:40
やっと美容室へ行けた(爆)
思いたったときに指名の先生に予約の電話を入れること、数回。
いつも混んでいて、予約が取れず。
やっと念願叶って予約が取れた。
久しぶりの行き付けの美容院は、若い男性スタッフが増えていて少し驚いたが、私の担当になった彼は、ジャニ系のそう私の親友Nが大好きなTに似た若いシャンプーボーイでした。
オバサンはちょっと、ドキドキでしたよ。そんな若い子に触って(爆)貰うのは、久しぶりで。
強弱をつけた微妙なタッチがたまりませんでした。(笑)
そして爆笑問答・・・
「スタッフ」あの・・・〜〜(遠慮がちに)トリートメントは三分と五分がありますけど、どちらになさいますか??
「私」えっつ?それってどう違うの?
「スタッフ」三分と五分ではクスリが違うんです。五分はとっても、髪がしっとりしますよお!
   となりのシャンプー台では私よりも年のいった婦人がやはり、若いスタッフに口説かれて   います(苦笑)耳をこらして聞くと、どうやら三分は315エンのようです。
「私」どっちでもいいよお〜(笑)
「スタッフ」あのお、どちらになさいますか?(困って)あのお〜腰のマッサージも・・・
「私」キッパリじゃあ五分!!!
   熱いオシボリでトリートメントをし、倒した椅子にはバイブ機能がついており、たしかに腰   のマッサージ付きだった(大爆)オイオイ、腰のマッサージはこれだけかい?(爆)
   ちなみに五分のトリートメントは525エンでした(高い!!!)
まるでホストクラブに行き、オバサマにピン・ドン(ピンクのドンペリ)をせがむ、若いホストのようで、苦笑してしまった。
なるほど女の子のシャンプーだったら、トリートメントなんかいらないよ!なんて言ってしまう私らオバハンも、若い男のコだと、見栄を張って高いほうを頼んでしまうのは、悲しい女のサでしょうか(苦笑)
今時の美容院も商魂逞しいなあ〜〜と関心した一日だった(大爆) 
そうして高島礼子のような髪型(顔がなければ・・)になっていた

ヤフオク 

June 04 [Sat], 2005, 16:35
六月になった梅雨のせいかお天気もはっきりしない。
私の心の中のようだ。
先日、前から欲しかったビデオがヤフオクに出ていたので、
早速ウォッチングした。
何のビデオかって、もちろんお宝<織田ビデオ>に決まってますがな。(苦笑)
新説 三億円事件と言うもので、
三億円事件を題材にした、若き日の裕二の、
キリッとしたお姿を拝めるお宝なのだ。
もう廃盤になっているようで、なかなか手に入りにくい。
ソワソワしながら3日間待ち
、ギリギリの時間に入札したが惜しくも落札出来なかった
また頑張るゾ〜〜〜っつ!!

娘のお土産 

May 22 [Sun], 2005, 1:47
娘が修学旅行から帰ってきた。定番の京都・奈良。
クラス別研修でにおひ袋を作ってきた。
白檀、丁子、竜脳、桂皮、ウイキョウなどを配合したもので、虫除けや防腐剤にもなるという。
なるほどこれは、虫は嫌うような匂いだ。
でも私は白檀や沈香、伽羅の香りが大好き。娘は嫌いだと言う。
ちなみに私の夜つける香水はゲランの「ミツコ」だ。
これも伽羅系のかおりだ。
お寺の香りともいう(爆)
おちつく香りでリラックスするので、いつか香道を勉強したいと思っている。

象物語の主題歌 

May 15 [Sun], 2005, 21:19
『ありがとう』            作詞 織田裕二

あたりまえの毎日に 気づかずに歩いている
僕は飛び込んだ カラダごと 夢中で追いかけ

新しい明日探して 終わらない旅の先に
今、感じている 愛すべき人の待っている場所を

なんどもなんども 心から“ありがとう”を
何よりも思える現在 あなたに逢えてよかったと

生きていることの喜び あなたが教えてくれた
覚めない夢をなぞるより 現在を愛し続けよう

あなたを知りたい いつまでも いつまでも
また逢えて良かったと 心から言えるように
言葉はいらない この気持ちは伝わるから
どこまでも どこまでも あせらずに あきらめずに

なんどもなんども 心から“ありがとう”を
何よりも思える現在 あなたに逢えてよかったと
いつまでも いつまでも この瞬間を忘れないで
僕はまた歩き出す 約束を果たせるまで

                         
   

アフリカ 象物語 

May 14 [Sat], 2005, 1:40

今 筑紫哲也の深夜の番組を何気なく見ていたらいきなり織田くん登場!
「象物語」の前宣をやっていた。
象に恋をした織田くんが、熱く語っていた(苦笑)
「アフリカの自然の中にいると、生きていることが実感できる」という織田くん。
少年に戻ったような表情が見どころだ。
ケニアのシェルドリック動物孤児院。ここには、密猟で親を殺された子象が暮らしている。織田くんは泥だらけになりながら子象の世話をし、マディバと名付けられた子象と出会う。
 「人間にはなかなかなつかないと聞いていた。演技なんかできないので、素の自分のままぶつかっていった。すると、意外にもすんなりなじんでくれた」と織田くん。
 象は、1度かいだにおいを長く忘れないという。織田くんも、マディバの鼻に息を吹きかけたが、当初は半信半疑だった。
ああ〜象になりたい・・・
「たった1日いただけでも覚えていると聞いたが、そんなことはあり得ないと思っていた」。
ところが帰国を前に再び孤児院を訪ねたところ、約20メートル離れた場所から、マディバはまっすぐ織田くんに向かって走り出してきた。
その能力に感激、「マディバが生きていてくれたら、また何年後かに訪ねていきたい」という。
 ライオンやシマウマ、ハゲワシなどが生息するサバンナでは、「五感を研ぎ澄ましていないと、どこから危険な動物が来るか分からない。
日本の空気とは違う感覚があった。その一方で、その緊張感が心地良くもあった」と話す。
 小さいころから昆虫集めが好きで、冒険好きだったという織田くんは、今回のアフリカ行きを、「大人の壮大なる冒険旅行」と言っていた。
メスの象が織田くんの股間の匂いを嗅いで「ウットリ」していたら、織田くんったら「やっぱりメスはここの匂いが好きなんだなあ〜」なんてカゲキなご発言!
ああ〜象になりたい・・・・
あなたの知っている人間のメスもそうなのォ〜〜??
なんて意味深な一場面でした(爆)
「織田裕二アフリカ大自然スペシャル 象物語」18日午後9時からTBS系で放送

携帯から初Upです★ 

May 08 [Sun], 2005, 1:14
学校で娘を待つ間に撮った一枚★花壇に初夏の花が咲き乱れて、甘い香りがあふれています!「夏は来ぬ」のフレーズが流れてきた♪蛙も泣いてるし…心が弾む土曜日の午後です(単細胞)

我が家の庭 

May 05 [Thu], 2005, 21:43
今日は一日、庭の手入れをした。
引っ越してきた当時、植えた木が大きくなりすぎで
おかかえの庭師(爆)にお願いした。
写真の木は「山ホウシ」といって私の住む市の木。
そして娘が誕生した時に記念樹で頂いた木だが、
大分大きくなり15年の歳月を感じさせる。
私は、花を山のように買い込み植え付けした。
ペチュニア、ガザニア、ラベンダー、ベゴニアや紫蘇、パセリなどの種まき。
紫蘇が身体に良いと言うので、沢山蒔いた。
収穫が楽しみ。
あとゴーヤも少し植えた。

明日は友人と品川プリンスのエグゼクティブタワーに行こうと計画。
但し予定は未定かな(苦笑)

待ちくたびれた 

May 03 [Tue], 2005, 2:19
今日は、娘のアトピーの薬を貰いにF市立病院へ行った。
朝、8時15分に受付をし、終わったのは昼1時近く!
予約優先なので、予約無しの私たちは17番目だった。
GWの中日とあって椅子にも座れず、ごった返す人ごみの中
ただただ待った4時間。
そして問診2分(爆)軟膏を10本貰って帰ってきた。
私の住むF市は皮膚科が三軒しかない
そのうちまともなのは一軒?なので市立病院へ患者が集中してしまうんだ!
安心してかかれる、良い病院のある町に住みたいなあ
心臓発作で救急車で運ばれ、老人病院へ送られ
亡くなった、知人の旦那様を知っている。
救急センターも誤診ばかり。
娘のインフルエンザが診断できず、扁桃腺炎の薬を出したり・・メチャクチャ!
夜中じゅう、43度の熱にうなされた娘。
翌朝、かかりつけの医院へ行ったら、誤診とわかりゾッとした。
小さい子や赤ちゃんじゃ間違いなく死んでいたと思う。
F市の救急センターには二度と、掛かりたくない!!

GWに突入 

May 01 [Sun], 2005, 19:37
9連休に入った。
長すぎる〜!
明けたらもう会社に行くのがきっとヤだ。
3日位でいいのに・・・
出かけるつもりもないので、一日キッチンにいた。
ワタクシをよく知っている人は、料理なんて作らないように見えるらしいが(爆)
どっこい大好きなのだ。
夕べ、友達にタケノコやタラノメを貰ったので
早速タケノコご飯とタラノメの天ぷらを作った。
食べちゃったので画像がないが、上手に揚がったのを
抹茶塩でいただいたら、う〜ん春の香り。
もう5月だもんね。
そういえば今日、1日は亡母の誕生日だ。
自分で買ったのではない、コレマタ頂き物の甘いお菓子を、母に供えた。