赤ちゃんの歯を清潔にするポイント 

April 26 [Thu], 2007, 15:35
赤ちゃんの歯を清潔にするポイント


哺乳ビン性のむし歯はどんなものでしょうか?

3歳前の幼児には、毎日哺乳ビンは欠かせません。しかし、注意しないとビンを口に入れたまま寝ることがよくあり、何十回も繰り返したら、当然むし歯になります。

寝た後、唾液分泌が減少し、濃度が高くなったミルクは歯について細菌が繁殖しやすく、細菌が酸性分泌物を出すと歯のカルシウムが不足し、むし歯になります。この現象を、哺乳ビン性むし歯と言います。



ポイント1 ガーゼのハンカチ

きれいなガーゼのハンカチで食塩を巻き、蒸留水をつけて、口腔内と乳歯に数回軽く拭きます。


ポイント2 幼児歯ブラシを使用する

歯ブラシの頭が小さく毛が柔らかい歯ブラシを使用して、お腹とふとももの間に幼児を寝かせて軽くしっかりと歯につけて磨きましょう。


ポイント3 ハミガキ

フッ素配合のハミガキを使用して、寝る前に一回歯を磨き、一日食後三回ずつ磨くとより一層効果があります。


ポイント4 ためしに幼児にやらせる

子供のまね性はとても強く1歳以上の子供は歯ブラシを持つ能力があります。早めに歯みがきの習慣を付けさせましょう。

哺乳ビン性のむし歯の防止 

April 26 [Thu], 2007, 15:31
哺乳ビン性のむし歯の防止

哺乳ビンを口に入れたまま寝る習慣を付けないこと。
幼児が寝る前にミルクを飲む習慣があったり、飲みながら寝てしまった場合は、寝た後、唾液分泌が減少し高い濃度のミルクは歯に付いて哺乳ビン性のむし歯になります。
多くの父母たちは、幼児が泣いたりあばれたりした時、糖水やはちみつなどを与えますが、そうするとむし歯はもっと増え、その習慣を続けると直す時にとってもむずかしくなるので、おもちゃの乳首、ぬいぐるみ、小毛布、やさしく拍く、ゆりかごなどと変えていくといいでしょう。

哺乳ビン性のむし歯の予防法とは

哺乳ビン性のむし歯はどんなものでしょうか?
3歳前の幼児には、毎日哺乳ビンは欠かせません。しかし、注意しないとビンを口に入れたまま寝ることがよくあり、何十回も繰り返したら、当然むし歯になります。
寝た後、唾液分泌が減少し、濃度が高くなったミルクは歯について細菌が繁殖しやすく、細菌が酸性分泌物を出すと歯のカルシウムが不足し、むし歯になります。この現象を、哺乳ビン性むし歯と言います。

赤ちゃんに母乳かミルクを与える時、一番良い姿勢は抱きながら飲ませることです。20分以内に済ませれば飲んだまま寝ることはありません。
哺乳ビンでミルクを飲ませる習慣を早めに終わらせる。1歳ぐらいから、哺乳ビンの替わりにコップを使用する。

糖水やはちみつやコーラなど飲料水はミルクの代用になりません。
赤ちゃんは6ヶ月ぐらいから、乳歯が出てきま。両親は赤ちゃんの乳歯を毎日拭くことを忘れないようにしましょう。6ヶ月から1歳の間、乳歯は徐々に出てきますからその時は歯医者に見せましょう。

毎日摂取することによって 

April 26 [Thu], 2007, 15:29
毎日摂取することによって


葉酸は、食物を調理する過程で壊れやすいので新鮮なオレンジジュースに含まれる葉酸は100マイクログラムを超えているから、葉酸の良い摂取法の1つと言えるが、一般に売られているビン又は缶詰のジュースに含まれる葉酸の量はかなり少ない。


400マイクログラムの葉酸を、日常の食事から完全に摂取することはなかなか難しいのでオートミールに牛乳を加えることなどが考えられる。コップ一杯オートミールには葉酸が100マイクログラム前後含まれ、その他必要な栄養素も含まれている。また、牛乳の中にあるカルシウムは女性本人の体及び胎児にとって大きな助けとなります。

さらに、毎日摂取することによって妊娠時に体内に十分な葉酸を確保していることができる。その他、ビタミン剤は栄養添加された粉ミルクから補充することも出来る。


しかし、妊娠前あるいは妊娠初期に服用してこそ、神経系欠陥の発生防止に効果 が上るのである。神経系欠陥の発生原因は、まだ完全に判っていないが現在の研究で明らかにされている可能性としては、アンモニアと酸化合成された酵素の変化によって引き起こされるという。


この酵素は同時に葉酸及びビタミンB12の正常な働きの維持に必要である。このため、十分なビタミンB12は、神経系欠陥発生予防の助けとなる。良好なビタミンB12は、肉類及びレバーから摂れる。

要するに、妊娠を計画している或いは妊娠する可能性のある女性は、少なくとも400マイクログラムの葉酸を摂取するべきである。日常の食事からであろうと、各種の栄養補助食品からであろうと、特にこれから妊娠を希望する人、又は妊娠初期の人は摂取すべきである。葉酸は、胎児の神経の正常な発育を促進し十分なビタミンB12は、胎児の発育の助けとなるのである。

葉酸、妊娠初期の重要な栄養素 

April 26 [Thu], 2007, 15:28
葉酸、妊娠初期の重要な栄養素

神経系の欠陥は、非常に重い胎児異常発育の一種です。神経系は、胎児の中枢神経系統の前身となるもので妊娠期間中に脳と脊髄に分けられます。
妊娠初期にある原因により、神経系が正常に閉合しないと脳と脊髄の発育に欠陥が生じます。その影響を受けた胎児は、脳や体の障害が発生したり、死亡することもあります。神経系に欠陥を持った子供を出産した母親を調査したところ、血液中の栄養とビタミンB12の濃度が一般 の母親とくらべて明らかに低いことが判りました。 ニューイングランドの機関誌で発表された研究によると、これから妊娠を希望する人或いは妊娠初期の人は、毎日葉酸を400〜800マイクログラム服用することにより胎児の神経系欠陥発生防止に効果 があるといいます。

葉酸の摂取を心がけてください。

妊娠初期において神経系が正常に閉合させるため、妊娠前或いは妊娠後数週間以内に、十分な葉酸を胎児の神経系発育のために摂取してください。特に、以前に神経系に欠陥を持った胎児を妊娠したことのある母親は、再発する率が高いので葉酸の摂取を心がけてください。
現在多くの妊娠は計画的なものではなく、又、妊娠後数週間経ってから、検査により気づくことが多いので、この時点ですでに最も大切な葉酸の補充チャンスを逸しており、もし、母親が妊娠前に胎児の発育に必要な体内の葉酸量 を不足させていたとしたら、妊娠初期の段階でそれに気づかず補充摂取しなかったとしたら、胎児はおそらく影響を受けてしまうでしょう。
このため、多くの専門家は、穀類食品の中に葉酸を添加し、妊娠する可能性のある全ての女性が体内にいつでも十分な葉酸を貯え胎児の神経系欠陥発生を防ぐよう呼びかけています。 アメリカでは、まもなく開始される規定では穀類及び小麦粉に葉酸を添加し、神経系欠陥発生防止をするといいます。
この種の方法には、潜在的な欠点はあるものの、早いうちにビタミンB12の欠乏による神経系欠陥の発生は発見することはできないが、ビタミンB12を十分に摂取してさえいれば、食品中に葉酸を添加することはやはり弊害よりも利益の方が多くなります。

アメリカでは、男性に対して毎日200グラムの葉酸を摂取するよう呼びかけ、一般 の女性に対しては180マイクログラム、授乳期の女性に対しては260〜280マイクログラムの摂取を呼びかけています。しかし、妊娠する可能性のある年齢層の女性には、毎日少なくとも400マイクログラムの葉酸を摂取し、神経系欠陥の発生防止をするようにと提案しています。全ての妊婦が十分な葉酸を摂取できるという完全な方法はまだありませんが、葉酸が胎児の発育において重要性を持つことは確かな事実です。
葉酸を確保す知らずに或いは計画的でない妊娠をした時でも、母親の体内に胎児の発育に必要な葉酸が十分にあるようにするために、最も良いのは日頃から葉酸を多く含む緑黄野菜、果物、レバー等の食べ物を摂取することです。

母乳は乳児にとって最高の食物である 

April 26 [Thu], 2007, 15:24
母乳は乳児にとって最高の食物である


母乳を与える際の注意事項


母親が母乳を与えるときはリラックスした気持ちで静かな心地良い場で与えるのがよいでしょう。母親は偏食してはならず、栄養価が高く、水分の多い食品を選んで食べるようにすると良いでしょう。例えば、牛乳、卵、魚、肉、豆類、果 物、野菜などです。それに母親はむやみに市販の薬を服用したり、刺激物を摂ったりしないようにしてください。


母乳を飲むことは最も栄養があり乳児に最適である。

母乳は最も理想的な乳児食品です。母乳に含まれる栄養は質を取っても量 をとっても 牛乳よりもずっと乳児にとって必要なものを満たしています。母乳に含まれる乳糖や脂肪酸は乳児の脳の発育の基本成分となります。栄養状態が良好な母親は乳児に多くの鉄分とビタミンを与えることができます。

また、母乳に適量含まれるリンはカルシウムの吸収を促し乳児の成長を助けます。

母乳を飲むことは最も安全で衛生的で経済的。


母乳を飲むことは最も安全で衛生的であり消毒をする面 倒もありません。又、乳児にとっても消化吸収しやすく胃腸にもやさしいのです。 母親の健康で睡眠を十分にとり三度の食事の栄養バランスに注意していれば子供に十分な母乳を与えることができます。
母乳を与えることは最も経済的でもあり家庭の支出を減らすこともでき、国家の外資節約にもなります。

母乳を飲むことは乳児の病気に対する抵抗力を付ける。

母親の出産後、初期にでる少量の薄い黄色の乳を初乳と呼びます。これは豊富な栄養と抗体を含み病気に対する乳児の抵抗力を強め胎便の排出を助けます。又、初乳は抗体を含んでいるので腸粘膜への細菌やウイルスの侵入をも抑制します。