新型出生前診断、陽性の9割以上中絶 羊水検査で確定後 - ニュース - アピタル(医療・健康)

July 01 [Tue], 2014, 15:44

妊婦の血液から胎児に染色体異常があるか調べる新型出生前診断を受けた約3500人のうち、67人が陽性と判定され、診断が確定した56人の9割以上が人工妊娠中絶を選んでいた。一方、新型検査を希望した人のうち、検査前のカウンセリング後に考えを変え、取りやめた人も1割弱いた。

 検査を行う約30の医療機関の集まり「NIPTコンソーシアム」が22日、今年4月から半年間の検査結果を集計し発表した。

 この検査はダウン症など3種類の染色体異常が調べられる。3514人が検査を受け、1・9%にあたる67人がいずれかの染色体異常で陽性だった。妊婦の平均年齢は38・3歳で、94%が高齢妊娠を理由に挙げた。

http://www.strong-one.net/biyaku-01.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ergrehrthrte
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ergrehrthrte/index1_0.rdf