奥川のグリーンスマトラ

August 31 [Wed], 2016, 23:19
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。この治療の費用は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亮太
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる