平成スタートからの歴史
2008.01.08 [Tue] 13:19

ただ、食品添加物をそのまま原料に加えることと、それを使って 材料を変質させてから使用した場合には、人体への影響も異なる ように思います。 薬品メーカーや食品メーカーの方々にとっては、安い材料でボロ儲け している訳ではない! との反論もあるでしょうが、厚生労働省の 基準を楯にして自ら積極的にグレーゾーンに踏み込んでいるようにも 思います。完全に踏み越えてしまった企業も多々あるようですが。 それにしても、このままこういう商売を続けていると、いずれは 在日外国人の消費者から健康被害の原因として食品メーカーを 訴える動きが出るようになるでしょう。 敗訴して賠償金の支払いで倒産する企業がたくさん出てきそうに思います。 (食品添加物をただ入れることと、使用した材料を使うことの違いに ついての解釈などで、たぶん企業側の勝ち目は薄いでしょう) コンビニエンスストアの「添加物排除」という最近のテレビCMを見ていると、 「少しぐらい高くても、そっちにするか」という気持ちになります。
 

七種粥の効果効能!?
2008.01.08 [Tue] 13:16

星1−3と評価している別の方のレビューに指摘されているように、この本は 添加物そのものの毒性に関する掘り下げはほとんどありません。 著者の主張は毒性そのものではなく、添加物によって食文化が崩壊しつつある ということです。 食とはなんぞや。と非常に考えさせられる本でした。お勧めです。 添加物そのものに関しては他にいくらでもいい本はありますよ。例えば食品添加物を利用する側の人にしてみれば、この本は 「まったくけしからん」本でしょう。 その一方で、知らずに口にしていた消費者からすれば「ひどいな〜」 という感想を持つ人も少なくないかも知れません。 私の親戚に糖尿病の患者がいますが、その人は ハムやソーセージを医者から禁止されています。 理由は食品添加物が多いから。 食品添加物が命取りになるのは糖尿病患者だけなのかも 知れませんが、それ以外の人には全く無害なのか、それとも 多少なりとも問題はあるのか、知っている人は知っていること かも知れません。
 

先行配信特集!喜多善男
2008.01.08 [Tue] 13:13

図書館でリクエストして読みました。 でもこの本は、特に読んで楽しい本ではありません。 かといって、詳しくルート設定を説明してあるわけでもない。 結局、この本だけでは自分でルート設定はできません。 もっと構成を変えれば、面白い本になったことでしょう。 例えば、世界一周切符を使おうとするカップルを出して、彼らが、悩みながら、ルートを作るみたいな実例を出すとか。 正直、この本では、 本当に旅に出ようと考えている人たちには物足りず、 ただ楽しみのために読んでも面白くない。 途中で挟まっている世界一周経験者のコメントも素人そのもの。 編集者の失敗でしょう。 本を買って、世界一周を夢見るにはいいでしょうが、それだけの価値しかありません
 

スターボーリング特集動画配信!
2008.01.08 [Tue] 13:09

私のように「行けたらいいな、世界一周」とボンヤリ考えているくらいだと内容的にもったいない気がする。現実的に世界一周したい!という人には最高の良書ではなかろうか。 意外にいろんな制約があったり決め事があったりで世界一周とは言いがたいルートなんかもたくさん載っているがそれは愛嬌でしょう。 私にとっては頭でイメージするだけで楽しいなんてことがあまり無いので、もっと現実的に計画を立ててる最中に本書を手にしたかったというのが本音。 「地球の歩き方」なんかを全てまとめて一冊にしたようなそんな本。旅好きなら一度は憧れる"世界一周"。 この本が出るまでは、世界一周航空券について情報が無く漠然と安く世界一周できるらしい、というくらいにしか知らなかった。 しかし、この本を読んでどういう種類があり料金体系がどのようなものか等、とてもよくわかった。 世界の名所旧跡が写真と簡潔でわかりやすい文章で紹介されてて、眺めているだけで楽しい。 カバーの裏側が白地図になっているのも、旅人心をくすぐる☆
 

アニメ動画集!ORIGINATION
2008.01.08 [Tue] 13:05

なんて批判もありますよね。実際自分もそう思います 「何で最初からこっちを出さなかったんだよ。金儲けの魂胆見え見えじゃないか」 まさにそのとおりですよねw けどリオン編はぜひ作って欲しかったし、ゲーム楽しめれば良いって割り切っちゃいました。 まさにナムコの術中にはまってる自分ですが、すごい楽しみなので文句なし☆5ですwwゲームをやっている中で、好きな事というものがある 一番はストーリー。特段に凝った物は求めていないが、しっかりとまとまったものが良い 二番目は戦闘。テイルズのようなアクション戦闘では自分の動作の進歩がわかるようなもの テイルズオブデスティニーは両方を満たしてくれたソフトなので凄く気に入った だから今回のディレクターズカットも買おうという気持ちになった