リスザルで木藤

December 14 [Wed], 2016, 12:32
株式投資はことのほか魅力的な投資の手段の一つです。
でも、株の売り買いにはもろもろのリスクもあります。株の大きな危うさとしては、値が下がる、流動的である、倒産するなどのリスクがあります。株式投資は定期預金等々とは異なり、元本の保証がありません。
株を始めたばかりの人は、危険をしっかりと理解して注意深く投資を行う必要があります。
私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく理解しないまま、いきなり株を始めた素人です。
最初は全然得をせず、含み損で苦しんでいたのですが、このところは景気が改善したのか、私がうまくなったのか利益があがるようにうまくなりました。

株式を売却したことで、利益が出た時の税金は申告分離課税が原則ですが、証券会社に開設した特定口座での取引の際はその人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してくれるのです。


確定申告による手間が省ける親切な制度ですが、損失繰越などをする際には確定申告をしなければなりません。株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないのが現実です。
気持ちはわかりますが、株式投資を長期間続けていこうと検討しているのなら、身につけておいたほうが得策だと思います。
その理由は、空売りについて理解するということは買う側の意識の理解とともに、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、取引の幅が広まっていくからです。
株ってビギナーにとっては分かりにくいことだらけと考えられるのではないでしょうか。どこの証券会社に口座を開設して投資を始めればいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。すべての人が儲けたいと思って株投資をスタートするわけですが、通算で利益を出せる人はあまりいないでしょう。

株を始めたばかりの方でも儲けを上げる秘訣というのは、焦って行動しないことです。気をつけて見ていた銘柄が急に価格が高くなったといって追い立てられるように買い付けしてしまうと大抵は高値掴みという結末を招いてしまいます。どのような高騰の理由があるのか、高値になりすぎているのではないだろうかと買い付けるときには一度冷静に検討をし直してから行動するようにしましょう。
1点集中型の投資をしようという方には不必要かと思いますが、株、債権、海外投資など色々な投資をする時にはポートフォリオに着眼して投資判断を下すべきです。

最重要な投資のポイントはリスク分散型の投資スタイルになりますからバランスの良い投資がポートフォリオでできているのか、常に確認作業を行うことが大事です。
株については知識が豊富でない者が基礎を学ぶために必要になることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、口コミ評価の高い本を5冊以上読まなければならないと言えるでしょう。五冊も株式投資についての本を読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は重要だということが理解できるからです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結音
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる