また、人は興味のあるものを目にすると瞳孔が開きますが、暗がりでは相手をよく見ようとして凝視する機会も増えるはず

September 22 [Tue], 2015, 11:32

冬のデートの定番と言えばやっぱりイルミネーション。寒空の下、凛とした空気にきらめく無数の光には誰もが魅了されますよね。

この光の競演、ロマンティックなだけでなく、実は恋の進展に役立つ要素が満載なんですよ。
まだ付き合って日が浅い2人も、交際期間が長いカップルも「これを機に告白を…」とお考えの人にも、役立ちそうな“光の効果”をお教えします!

【誘いやすさはダントツ!】

カップルだらけのイルミネーション会場は誘いづらい…と思いきや、意外にも「友達同士」「これから発展できれば…」という人も多数いる模様。
日本テレビが東京タワーのイルミ点灯式で行ったアンケートによると、カップル100組中、「交際6ヶ月程度」が12組と最多で、次に多いのは「交際0日(恋人同士ではない)」と回答した人たちだったとか。

ロマンティック過ぎて誘いにくい、と思っているのは意外と自分だけなのかも?食事のついでに見ようよ、くらいの軽いノリで誘ってみたら、案外あっさりOKしてもらえるのかもしれません。
そもそも、キラキラ光るものに惹かれるのは人間の本能ですし、「期間限定」というのもあって、ハードルはぐっと下がるのではないでしょうか?

【暗闇の利点がMAX!】

当たり前ですが、イルミネーションが点灯するのは夕方から。
この時間帯、人間の脳はだいぶお疲れモード。理性を司る部分の活動が鈍り、警戒心が薄れています。感情的・情緒的になりやすくもあるので、ロマンティックな雰囲気にもっていくのも、これまで以上の親密さを感じさせるのも、そう難しいことではないのでは。
だいたい、周りのカップルがイチャイチャしている中でちょっとくらい大胆になったって目立ちやしませんから、思い切って接近戦に持ち込む価値は大アリです。

【暗がりでこそ魅力アップ!?】

薄暗い場所では瞳孔が開くため、瞳を大きく見せる効果も。そのうえ、黒目にイルミネーションが映り込んでキラキラの瞳に。より魅力的に見せる効果も期待できそうです。

また、人は興味のあるものを目にすると瞳孔が開きますが、暗がりでは相手をよく見ようとして凝視する機会も増えるはず。
見開いた目で見つめ合うことで、お互いに「強い好意を持っている」と誤解することが多々あるのだとか。こういううれしい勘違いを狙う、という高等テクもあります。

友達から恋人へ昇格したい人はもちろん、マンネリ気味のカップルが愛を確かめ合い、さらに深めるチャンスにもなりますよ。

【色の効果でさらに接近】

青色LEDの登場に伴い、イルミネーションの色はそれ以前よりも大幅にカラフルになりました。この光の色合いもまた、恋する心理に大きな影響を与えてくれるのです。

そこで色別の効果をご紹介!
時間帯で色が変わるイルミの場合は、何時頃、目的に合わせた色になるかをチェックしておいて、2人でその光に包まれるよう演出してみては。光のオブジェの前で告白するのもいいかもしれません。

◆白…清廉で誠実な気持ちを表します。情熱的な愛の告白にはちょっと物足りない気がしますが、プロポーズには良さそうですね!

◆ピンク…愛情、優しさを女性用媚薬が持つ驚くべき効果をご紹介です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ererhtrjjtyt
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ererhtrjjtyt/index1_0.rdf