モッチーで坂本

June 28 [Tue], 2016, 13:18
最近ではあちらこちらのキャッシング会社が、キャッシングしたお金をすぐ返済すると(上限あり)、なんと金利がゼロというすごいサービスを実施しています。

これはおよそ30日以内といった制限が設けられているようなのですが、5〜10万円くらいの少ないお金をキャッシングするのであるなら、使わない手はありません。事実を偽った内容でカードローンを申し込むと、有印私文書偽造といって、立派に刑事処罰の対象になります。


もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。
会社としてはもれなく通報するとは考えにくいですが、かならずしも通報されないとは限りませんし、素人の嘘がプロに通用すること自体がまず、ないのではないでしょうか。個人的には、偽らざるをえない状況のほうが深刻だと思いますが、もし融資を受けられたとして、返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。


リスクは必至です。
正直に申告して借りられる額だけを借りたほうが現実的ではないでしょうか。クレジットカードは、手元にお金がなくてもサインひとつでいろいろな物が買える、夢のようなアイテムですね。

調子に乗って買い物をしすぎた結果、いざ支払いをする段になって、困り果ててしまい、たまたまコマーシャルでやっていたキャッシングを利用して借りたお金を入れましたが、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。



まとまったお金といえばもう退職金しか考えられず、退職を決意したものの、心配した両親が手を差し伸べてくれ、退職せずに済みました。最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、大切な老後の貯えの一部を都合してもらい、申し訳なくて涙が出そうですが、何年かかっても返さなければいけませんから、ちゃんとした証書を作成し、けじめをつけたため、返済をしながらでも堅実な生活を送ることが出来るようになりました。親というのはありがたいものですね。

昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、カードローンやキャッシングの金利は厳しく制限されるようになりました。
ただ、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸付可能でした。あれ?と思った人も多いでしょう。
一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。グレーゾーン金利というのは、この部分のことを指しているのです。

電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。

あれは、利用者が払い過ぎた金利部分を返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。
ああ、なんてことでしょう!「今すぐ支払わなくてはいけないお金があるのに持ち合わせがない」思い出したくないかもしれませんが、年を重ねれば重ねるほど、そんな経験の1つや2つありますね。


すぐにお金を借りられるのはどこかというと、まず最初に、既に一度審査が通っているということで、信販会社のカードがあげられますね。それが無理なら、無人契約機のある消費者金融の店舗がありますから、とっさの需要に応えてくれるはずです。
悪い噂を聞いたこともないので、安心できそうですし、短時間でと言うような会社もあり、早さを第一と考えるのであればそういうところを選ぶと良いでしょう。

あまり考えたくはないでしょうが、急な金策に備えて間違いのない方法を考えておけば、借金を恐れず安心して日々の生活を送れるというものです。手軽にキャッシングしてしまう前に、キャッシング業者を比べてみて、よく検討して選んでいきましょう。

一番のポイントは金利となりますが、それだけでなく、お金を返す手段や延滞してしまった時の遅延損害金なども注意してください。

現在は、初めての人に限って、期間限定で金利がゼロになるところがあるので、融資をしてもらう前に様々な業者を調べるようにするとよいでしょう。急に出費が必要になり、キャッシングをしたいと思ったら、イオンのキャッシングサービスが使いやすいです。


銀行やコンビニといったお近くのATMからご利用になれますし、また、ネットや電話といった、自宅に居ながらのお申込みで指定口座への現金のお振り込みが行われます。

お支払いは、リボ払いか一括払いのお好きな方からチョイスすることが出来ます。また、リボ払いの支払額をアップさせるサービスもあります。毎度のことですが、キャッシングの審査を受けるとその度に職場にまで在籍確認の電話がありますが、はっきり言って、面倒だと感じる方が多いでしょう。

ですが、赤の他人に気持ちよくお金を貸してくれる人が居るのでしょうか?常識的に考えれば、まずありえないことが分かると思います。仮にお金を無条件で貸してくれるとなれば、それは社会常識が通用しない場所だという事です。カードローンの場合も同様です。



審査は必ず受けなくてはいけないんですよね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shota
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ereorcivuelevs/index1_0.rdf