どうしても必要な物

September 19 [Wed], 2012, 18:43
どうしても必要な物24919今朝のメッセージの映像は、先ずスイカ畑が現れて、大きく育ったスイカを半分に切って見ると、どのスイカも中は白緑色の青臭い中身が詰まっているだけで、黒い種子が混ざった赤い果肉が無く、甘いスイカの特徴が消えており、種子が1粒も無いので種の継続はできなく成っていた。
私は、其のスイカを10個程集めて両腕の中に抱えて、世の中に知らせる為に、誰かに証拠写真を撮って貰っていた。
其の映像は、自然の法則である種の保存が出来なく成っている理こと示しているのであろう。
現在のスーパーマーケットに売られている卵は、生産費を下げる為に、雄が居なくて、雌だけで卵を産ませている無精卵なので、温めても雛には成らず腐れてしまう物である。
其れと同じで、植物も蜜蜂や蝶などの昆虫が居なく成れば、花の受粉が出来なく成って、子孫を残す為の種子が出来なく成ってしまう。
其れに、今朝の場面にスイカの映像が使用されてい女子高生 画像たのは、現在のスイカは、自分の根は根こぶ線虫や病気に弱いので、南瓜や冬瓜などの苗に接ぎ木をしており、本来の生態を継続していないからであろう。
其れと同じ様な事が、他の植物でも遺伝子組み換えなどに拠って行われている。
今朝の映像は、其れ等の事に対する警告なのかも知れない。
次の映像は、私は、赤子を2人抱えている独身男性の部屋に居て、赤子の子守りの為に仕事に行けない男性の代わりに、赤子の世話を引き受けていた。
其の映像の意味は、子育ては夫婦雌雄の働きが揃って居なければ、出来ない理ことを示唆しているのではないだろうか。
植物の世界も雌雄の仕組みで成り立っているが、大方の動物の方は雌雄が揃っていなければ成り立たない様な仕組みに成っており、特に鳥類は雄が巣に餌を運ばなければ、雌も雛も死んでしまう物が多い。
其れに、人間は精嵩Iにも両親が必要である。
次の映像は、電気コンロの上に乗せられている急須に、お湯が沸いているので、私が其の急須を持ち上げ様とすると、片一方の把手が外れていて、持ち上げる事が出来なかった。
其の映像の意味は、人間は他の動物と違って、生活するのに衣食住に対する様々な条件や、道具が必要である。
だから、壊れた物は役に立たないし、絶えず物の管理に気を配る必要がある理ことを示唆しているのであろう。
今朝は明け方の映像に、街の中で行われる祭りで、雛を担ぐ男性達の様子や、山中の道場で修行を重ねる男性達の様子が映し出されて来た。
其の映像の意味は、生活の他に、男性は体力を鍛える事や、精嵩Iな修行が必要である事や、集団で一致協力する訓練をして措く必要がある理ことを示して来ているのであろう。
其れは、社会に何等かの危機が発生した時に、男性の働きが必要不可欠であるからだろう。
今朝のメッセージは、生命の維持に必要な物が示されて来ており、生活に必要な環境と、子育てには女性の存在が、社会活動には男性の存在が、必要不可欠である理ことを示して来ている様である。
今日は天気が良いので、是から、うきは市の棚田に、彼岸花の撮影に出掛ける事にする。
平成24年9月19日礒邉自適
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ereldfcp46
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ereldfcp46/index1_0.rdf