マーフィーで阿部

July 02 [Sun], 2017, 19:08
赤ちゃんを授かったという事で栄養指導を受けたり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。あるいは、野菜も代表の一つですね。こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。
赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合も良くあると思います。そんな不安を解消してくれるのがサプリによる葉酸の補給です。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。
妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いと、目をつけているようでした。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思う今日このごろです。
ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。適度に体を動かすことは、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ぜひ実践してみてください。
不妊の一因は冷え性だともいわれています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、体全体をリラックスさせる効果があります。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜系の葉菜が多いようです。赤ちゃんを授かったあと、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを推奨します。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。実際にはそのような事はありません。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が最も注意する期間ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取する量には気を配ってください。サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含有していますから、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。葉酸の過剰摂取によって、胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。健康的な精子の増加を助けてくれるのです。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事をすすめてみてください。
なかなか妊娠できないという人は、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというルールもあるので、それを守ってつけていくことが大事です。一日忘れても根気よく続けていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuu
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/erehtthtriddai/index1_0.rdf