販売士ってどんな資格?就職先は?

July 09 [Sat], 2016, 18:58
販売士と言う物は、商工会議所が行っている検定試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)で、「流通業界で唯一の公的資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)」となっているんです。デパートや大型スーパー(最近では大型の店舗が増えています)なんかの規模の大きな小売店のフロアマネージャーや店長などに役立つ資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)となるでしょう。販売士には、3級、二級、1級とあり、一級の検定試験では面接も行われます。ただ、真剣に取り組めばそんなに難易度の高い資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)ではないなのです。就職先としては、小売店や製造業なんかの販売業(販売する商品によっては、申請や許可が必要なこともあります)務担当者などが挙げられます。販売士の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を持っていたら就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)に有利になるかと言えね、あまり役に立たないと言うのが実情ですよね。就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)後に会社から販売士の取得を勧められることもあって、資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)に対する手当を設けている場合もありますが、役に立たない、取得した意味がなかったといった意見も多いんです。五年ごとに更新しなくてはならず、更新に費用がかかってしまう為、取得したけど更新しなかったという人も多いでしょう。とはいえ、販売士検定試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の為に勉強する事で、販売や流通に関する知識が身に付き、お仕事で役立った、職務への理解が深まったという方もいるのです。販売士の資格を取得していると、大学入試で優遇される大学も幾つかあるものです。販売士の資格は就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)に直結する資格ではありませんが、将来、流通や販売関係の仕事に就きたいと考えているのであれね、とっておいて損はない資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)なのではないでしょうか。中小企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)診断士の足がかりとして受験する人もいるみたいですよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲花
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ercraeiangntsh/index1_0.rdf